日向坂46佐々木久美が憧れ続けた巨人・矢野謙次コーチへの取材実現に「最高の人生」夢はあの選手へのインタビュー

0

2024年06月15日 10:20  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真

【日向坂46・佐々木久美さんインタビュー後編】

>>前編『日向坂46佐々木久美、現地の"熱"を届けた世界卓球での経験は「今の活動に生きています」4月からスポーツ番組MC就任で"伝える側"に』

 今年4月からスタートした、テレビ東京の新スポーツ番組『スポーツ リアライブ〜SPORTS Real&Live〜』の土曜日MCを担当している日向坂46のキャプテン・佐々木久美さん。大の読売ジャイアンツ(巨人)ファンとしても知られ、2月には世界卓球の応援サポーターとして現地の"熱"を伝えるなど、スポーツ分野でも活躍の幅を広げている。

 インタビュー後編では、共演しているプロ野球OB解説者や憧れの巨人・矢野謙次コーチとのエピソード、取材したいスポーツ、2カ月後に迫るパリ五輪などについて聞いた。

【"解説者視点"で学んだ野球の楽しさ】

――スポーツリアライブでは、中畑清さんや里崎智也さん、五十嵐亮太さんら野球解説者の方々と共演されていますが、一プロ野球ファンとして一緒にお仕事をしているお気持ちはどうですか?

 いやもう、テレビで見ていた人が隣にいるだけでも不思議な感じです。私、身長が168.5センチと日向坂46のメンバーのなかでは大きいほうなんですけど、解説者の方が横に並ぶとだいぶ小さく見えるんです。その状況自体が、ファンの方からすると不思議みたいで。ある意味、新たな一面を見せられているのかなと(笑)。

 それにみなさん本当に優しいですし、「なんでも聞いていいよ」と言ってくださるので、その言葉に甘えてたくさん質問しちゃってます! 野球の話をすると、一聞いたら十返ってくるような方々ですから、いろんな知識を吸収できてすごく楽しいです! というか、純粋にご一緒できることが嬉しいです。

――毎週、違った解説者の話を聞くと学びの幅も広がるのではないですか?

 そうですね。解説者の方によってひとつのことに対する視点が変わったりするので「あ、こういう見方があるんだ」という気づきや発見がありますし、それを参考に「じゃあここを見てみよう」とその選手や状況に対する見方の幅も広がります。もう、野球を見るのがどんどん楽しくなってきて「どうしよう!」みたいな感じになってます(笑)。

――そのなかでプロ野球の取材にも行かれているわけですよね。

 はい、5月には番組を通じて神宮球場に取材に行かせていただいて、選手のみなさんにお会いすることができました。10年前、アイドルになる前から東京ドームに通って野球を観戦していた当時を思い返すと、信じられない状況です。あらためて、いますごいことを経験しているんだなという気持ちになります。

【巨人・矢野謙次コーチの"日向坂愛"】

――番組内では、テレビ東京で放送された『ひらがな推し(現・日向坂で会いましょう)』で応援歌を披露するほど憧れだった巨人・矢野謙次1軍打撃コーチにインタビューをされました。

 そうなんです。なんか「あれ、会えちゃった」という感じで、ずっとフワフワしていました。10年以上ずっと応援してましたから。その頃から考えると、今シーズンから1軍打撃コーチとして戻ってきてくれたことが、巨人ファンからすると本当に嬉しくて。矢野さんを含めて、巨人のコーチ陣は現役時代に私が見ていた方ばかりですから、個人的にかなり胸熱なんです!

 実際にインタビューで現役時代にともに戦ったコーチたちの話も聞けて、すごく感慨深かったですし、新しいチームへと進化しているんだなと感じました。そんな時にスポーツニュース番組のMCになって、こうして関わる機会をいただけるなんて、最高の人生です。

――しかも矢野コーチはインタビュー冒頭で、日向坂46の2ndシングル「ドレミソラシド」のダンスを披露していましたよね。

 矢野さんは巨人の練習中などでいつも日向坂46の曲を流してくださるんです。ダンスもキレキレですし(笑)。日向坂46の公式YouTubeチャンネル「日向坂ちゃんねる」で、巨人の春季キャンプを拝見しに「ひなたサンマリンスタジアム宮崎」に行かせていただいたんですけど。その時も私たちの楽曲「アザトカワイイ」を踊ってくださって、サービス精神というか、愛がすごいんです!(笑)。

 でもそうやっていつも盛り上げてくれているんだろうなと思うと、いまのチームの雰囲気がいいのも納得できますし、そういうところも含めて、やっぱり10年以上推してきたのは間違いじゃなかったなと。あらためてそう感じました。

【もっといろんなスポーツにチャレンジしたい!】

――今後、取材してみたい競技やインタビューしたい選手はいますか?

 競技としては、ゴルフの取材に行ってみたいです。私自身、「日向坂ちゃんねる」での企画をきっかけにゴルフを始めたんです。まだ下手っぴですけど(笑)。両親もすごいゴルフ好きで、休みの日にツアーを見に行くほど本気でのめり込んでいるんです。それを見てると、私ももっと知識を増やしてゴルフツアーを見に行けたら楽しそうだなと思ったので、その延長で取材に行けるようになりたいです。

 選手としては、やはり "生ける伝説"ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手にインタビューしてみたいです。近い将来、絶対に歴史の教科書に載るような方ですし、同じ時代を生きているからには、1度は取材させていただきたい。これは夢です。

――番組内でおふたりが共演している姿を見るのが楽しみです。ご自身でゴルフを始めたということで、他にやってみたいスポーツはありますか?

 私、じつはウィンタースポーツが大好きで、スノーボードが得意なんですけど、やってみたいというより、もっと極めたいという感じです。日向坂46にはスノボ経験者が多いんですけど、メンバー中では1番滑れる自信はあります。いつかジャンプ台が跳べるようになりたいですし、そこからダイブするのが夢としてあります(笑)。絶対怖いとは思うんですけど、もっと勇気を心につけて、うまくなれるように頑張りたいです。

――さまざまな競技に触れることで"選手目線"での取材だったり、スポーツを見ることに繋がるかもしれませんね。

 そう思います。いろんなスポーツに挑戦して実際に体感すれば、選手のすごさをもっと知り、理解できるんじゃないかと。これからはどんどんチャレンジしていきたい気持ちでいます。

【「スポーツを見るのが楽しい」と思える番組づくりを】

――2カ月後にはパリ五輪が始まります。気になっている競技、現地で取材したい種目があれば教えてください。

 これまでの五輪を見てきたなかでは、個人的に新体操が好きなんです。中学までクラシックバレエを習っていたというのもあって、競技として少しは通ずる部分があるのかなと思うので、気になって見ていました。新体操って、勝負ではあるけど、芸術じゃないですか。すごく奥が深いというか、そういう競技性が好きなんです。だから現地で見てみたい気持ちはあります。

 あとはやっぱり、卓球の試合には行きたいです! 世界卓球をきっかけに本当に卓球好きになってしまったので。日本代表の選手たちは、いまこの時も世界ツアーで戦いながらコンディションを整えていると思いますし、つねに自分とも戦いながら、自身の卓球と向き合っている姿がかっこよくて。もっと現地で見たいなと思います。

――佐々木さんの目から見て、いまの卓球日本代表はどう映っていますか?

 早田ひな選手や張本智和選手といったエース格の選手の活躍はいまもすごいですし、世界卓球で見ていた時より、さらに強くなっている感じがします。パリ五輪に向けてどんどん顔つきが変わってきているのが画面越しから見てもわかりますし、本当に金メダル獲っちゃうんじゃないかっていう。それぐらい濃い内容の試合をいつもしているので、もうたまらないですし、ワクワクしちゃってます。

――最後に、今後もスポーツニュース番組MCとして活動していく上での意気込みをお願いします。

 私はスポーツ界のなかではまだまだ端っこの人間ですけど、私ならではの伝え方があると思いますし、それによって「スポーツを見るのが楽しい」と思っていただけたら、番組としても、自分としてもすごく嬉しいこと。なので、スポーツリアライブをそういう番組にしていけるよう私なりに努力して、少しでも力になれたらなと思っています。

Profile:
佐々木久美(ささきくみ)
1996年1月22日生まれ。日向坂46のメンバーにしてキャプテン。ファンからは読売ジャイアンツ(巨人)の大ファンとして以前より知られており、前身の「けやき坂46」加入前から野球観戦のために東京ドームに通っていたほど。そんなスポーツ愛が通じ、この度テレビ東京の新スポーツ番組『スポーツ リアライブ〜SPORTS Real&Live〜』の土曜日MCに就任。今後、スポーツ分野での活躍からも目が離せない。

番組情報:
『スポーツ リアライブ〜SPORTS Real&Live〜』(テレビ東京)
前身番組『みんなのスポーツ Sports for All』のバトンを引き継ぎ、新たなスポーツ番組として2024年4月1日より放送開始。平日のキャスターはテレビ東京アナウンサーが担当し、土曜日のMCは日向坂46の佐々木久美さんが担当する。コメンテーターには元プロ野球選手で、現在は解説者として活躍する五十嵐亮太さんと里崎智也さんが控える。月〜木曜日23時55分放送、金曜日23時58分放送、土曜日22時30分放送、日曜日22時54分放送と開始時間を要チェック。
https://www.tv-tokyo.co.jp/realive/

    ランキングスポーツ

    ニュース設定