広島3連勝で今季最多更新貯金8 交流戦7年ぶり勝ち越し決定、玉村今季初勝利

17

2024年06月15日 17:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

広島・玉村昇悟 (C)Kyodo News
● 楽天 3 − 4 広島 ○
<2回戦・楽天モバイル>

 セ・リーグ首位の広島は、3連勝で今季最多を更新する貯金8。4カード連続の勝ち越しで今季の交流戦は10勝7敗となり、残り1試合を待たず2017年以来の交流戦勝ち越しを決めた。

 広島打線は2回、二死一塁から8番・佐藤が四球でつなぐと、続く9番・二俣が右前適時打を放ち先制。1番・秋山も中前適時打で続き2−0とリードを広げた。6回は3番・菊池、4番・小園の連打などで一死一、三塁とし、6番・坂倉、7番・堂林が連続適時打。この回は4安打を集中し4−0とリードを広げた。

 今季4度目の先発となった玉村は、序盤からピンチは招くものの要所で踏ん張り6回まで無失点。4点リードの7回は先頭から3連打を浴び降板したが、7回途中8安打3失点の内容で勝利投手の権利はキープした。

 1点リードの8回以降は島内、栗林の勝ちパターンが無失点リレー。玉村はうれしい今季初勝利(2敗)、栗林はリーグトップのマルティネス(中日)に1差に迫る19セーブ目(0勝1敗)をマークした。

このニュースに関するつぶやき

  • 朝山コーチ無能ってのは既に色んなところで見ますが、菊地原コーチ有能ってのはあまり見ませんよね。
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定