キャサリン皇太子妃、「トゥルーピング・ザ・カラー」に出席 笑顔で手を振る

1

2024年06月16日 09:30  Techinsight Japan

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

「トゥルーピング・ザ・カラー」に出席したキャサリン皇太子妃。3月にがんを公表して以来、初の公の場となった(『The Prince and Princess of Wales Instagram「All set for The King’s Birthday Parade!」』より)
キャサリン皇太子妃(42)が、チャールズ国王(75)の公式誕生日祝賀祭「トゥルーピング・ザ・カラー」に出席した。皇太子妃はジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子と一緒に馬車に乗り、バッキンガム宮殿とホース・ガーズ・パレードを往復するパレードに参加した。最後には宮殿のバルコニーに登場し、集まった群衆に向けて笑顔で手を振った。

【この記事の動画を見る】

現地時間15日、チャールズ国王の公式誕生日を祝福する式典「トゥルーピング・ザ・カラー」が開催された。

式典開始前の午前10時過ぎには、キャサリン皇太子妃が黒い車両の後部座席に乗り、バッキンガム宮殿に入る姿が目撃された。皇太子妃が王室の公式行事に参加するのは、3月にがんの治療を開始したと公表して以来、初めてのことだ。

皇太子妃は白い帽子とドレスを着用し、隣にはジョージ王子(10)とウィリアム皇太子(41)が、手前にはシャーロット王女(9)とルイ王子(6)が座っていた。


10時半を過ぎると、宮殿から王室メンバーを乗せた馬車が続々と出発し、式典が行われるホース・ガーズ・パレードへと向かった。チャールズ国王とカミラ王妃が乗る馬車の後ろには、キャサリン皇太子妃と3人の子ども達を乗せた馬車が続いた。


シャーロット王女はネイビーブルーのセーラー風ドレスを着用し、ジョージ王子とルイ王子はブルーのネクタイとネイビーブルーのダブルスーツで正装していた。

宮殿からホース・ガーズ・パレードへと続く大通りザ・マルの沿道には多くの群衆が集まり、馬車に乗る王室メンバーに手を振っていた。キャサリン皇太子妃を乗せた馬車が通り過ぎると、大きな歓声が上がった。

皇太子妃と3人の子ども達は、群衆に向けて笑顔を見せたり、手を振るなどして応えていた。

馬車がホース・ガーズ・パレードに到着後、皇太子妃と子ども達は建物の中へ向かい、バルコニーから式典を見守った。


式典終了後にはチャールズ国王夫妻と王室メンバーが再び馬車に乗り、バッキンガム宮殿へ向かう壮大なパレードが行われた。

ロンドン中心部はちょうどこの頃から大雨となり、群衆は傘を差しながらパレードを見守った。馬車に乗るシャーロット王女は車窓の曇りを手でふき取り、集まった人々に手を振る場面もあった。

馬車が宮殿に到着後、しばらくすると雨が上がり、バルコニーにはチャールズ国王とカミラ王妃をはじめとする王室上級メンバーが勢揃いした。


キャサリン皇太子妃はウィリアム皇太子とジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子と並び、群衆に向けて笑顔で手を振った。


最後には宮殿の上空を英空軍による祝賀飛行「フライパスト」が行われ、華やかな式典の幕が閉じられた。



画像は『The Prince and Princess of Wales Instagram「All set for The King’s Birthday Parade!」』『Sky News X「BREAKING: The Princess of Wales has arrived at Buckingham Palace ahead of Trooping the Colour」「BREAKING: The King has departed Buckingham Palace in the Scottish state coach to embark down the Mall for Trooping the Colour.」「The Princess of Wales watches Trooping the Colour with her children.」』『The Royal Family Instagram「The King, Queen and other Members of the Royal Family are greeted by crowds as they gather on the balcony of Buckingham Palace to watch the traditional fly-past.」』より
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)
    ニュース設定