広島、守乱響き連勝ストップ 交流戦最終戦を飾れず貯金7でリーグ戦再開へ

4

2024年06月16日 16:13  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

広島・新井監督 (C)Kyodo News
○ 楽天 5 − 3 広島 ●
<3回戦・楽天モバイル>

 セ・リーグ首位の広島は交流戦最終戦を勝利で飾れず連勝は「3」でストップ。貯金7で21日から再開されるリーグ戦に臨むことになった。

 先発のアドゥワは2回、一死から連打を許し一、三塁のピンチを招くと、8番・太田を併殺コースの遊ゴロに打ち取ったと思われたが、遊撃・矢野の送球を受けた二塁・菊池が捕球ミス。これが適時失策となり先制された。さらに二死二、三塁で1番・小郷を一ゴロに打ち取るも、今度は一塁・堂林がファンブル。堂林が打球を見失う間に一気に2者の生還を許した。

 バックの2失策に足を取られたアドゥワは、続く3回に4番・鈴木大に2ラン被弾。6回5安打5失点(自責点3)の内容で今季2敗目(5勝)を喫した。

 打線は初回から2イニング連続で一死一、二塁の好機を迎えるも、いずれも後続が併殺に倒れ無得点。無死二塁だった4回も得点を奪えなかった。8回に4番・末包の左前適時打、9回は途中出場・宇草の適時二塁打などで2点を返すも反撃はここまで。すでに7年ぶりの勝ち越しを決めている交流戦の最終成績は10勝8敗となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 好事、魔多し」
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定