山田裕貴、ウルトラマンに変身「うれしく思っています」 服装を反省「早見さんがこんなに赤なのに」

24

2024年06月16日 17:41  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

CGアニメーション長編映画『Ultraman: Rising』の配信開始記念特別上映会に登壇した山田裕貴 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の山田裕貴(33)が16日、都内で行われたNetflix映画『Ultraman: Rising』の配信開始記念特別上映会に登壇した。

【集合カット】登壇者全員で「シュワッチ!」ポーズ

 主人公のサトウ・ケンを演じ、ウルトラマンに変身した山田はブラックスーツで登場。「早見(あかり)さんがこんなに赤のウルトラマンカラー、Netflixカラーなのに、なぜ僕はばったく赤が入っていないのかと反省」と笑いを誘い、「戦隊モノでデビューして、この間はゴジラと戦っていましたが、ウルトラマンになれることをうれしく思っています」と感慨深げに喜びを語った。

 そして「父がプロ野球選手だったこともあって、プロ野球選手がどんな感じかは体感してきた。そこは感じながら声を入れることができました」と自身と主人公を重ね「リンクしながら演じることができた」と充実感あふれる笑顔に。「相手を思い、気持ちを考えながら見守ってくれたらなと思います。どんなヒーローも悩むことはあると思うので、ぜひ『面白かった』という声でヒーローを助けてあげてください」と呼びかけた。

 今作は、1966年の放送開始以来、57年にわたり全世界で愛され続けている不滅のヒーロー「ウルトラマン」をシャノン・ティンドルが監督・脚本を務め、「インダストリアル・ライト&マジック(ILM)」がCGアニメーション制作を手がけた。を「親子」「家族」をテーマに、すべての世代で楽しめる新たなウルトラマンストーリーとなっている。

 イベントには、ケンの父親・サトウ教授役の小日向文世、ケンとの交流を深めるジャーナリストのワキタ・アミ役の早見あかりが出席。シャノン・ティンドル監督、ジョン・アオシマ共同監督もこの日のために来日し、登壇した。

このニュースに関するつぶやき

  • 嫁はハチオーグ(・・;)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定