『アンチヒーロー』最終回に“未解禁キャスト”が登場 ネット驚き「一瞬だけw」「サラッと出てきた」

0

2024年06月16日 22:18  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS
 俳優の長谷川博己が主演を務める、TBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(毎週日曜 後9:00)の最終回が16日に放送され、公式サイト上で未解禁だったキャストがサプライズ出演を果たした。

【写真】ネット衝撃!最終回に”未解禁キャスト”がサプライズ登場

 最終回は、明墨(長谷川博己)を証拠隠滅罪に問う裁判が始まる。担当検事は伊達原(野村萬斎)。法廷で因縁の対決が繰り広げられる。12年前の事件、志水(緒形直人)の冤罪は証明されるのか…。正義とは何か?アンチヒーローの結末は?すべての真相が明かされる…というストーリーだった。

 物語終盤、明墨法律事務所でパラリーガルを務めている青山(林泰文)の妻役として山本未來が登場し、謎の多かった青山の“プライベート”が明らかになる貴重なワンシーンとなった。視聴者からは「青山さんの奥さん、山本未來さんじゃない?」「山本未來さん、一瞬だけいたw」「青山さんのご家族、サラッと出てきたw」などの声が寄せられている。

 本作は「弁護士ドラマ」という枠組みを超え、長谷川博己が演じるアンチヒーローを通して、視聴者に“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問いかけ、スピーディーな展開で次々に常識を覆す。正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう。まさにバタフライエフェクトのような、前代未聞の逆転パラドックスエンターテインメントを届ける。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定