ドジャース・大谷翔平が2打席連発の18号&19号 今季2度目の1試合2発で先発グラスノーの7試合ぶり白星援護

57

2024年06月17日 07:21  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

2打席連発の大谷翔平
○ ドジャース 3−0 ロイヤルズ ●
<現地時間6月16日 ドジャー・スタジアム>

 ロサンゼルス・ドジャースが完封リレーでカード勝ち越しに成功。大谷翔平選手(29)は「2番・指名打者」でフル出場し、2打席連続本塁打を放った。

 大谷は3回裏、ロイヤルズ先発シンガーの真ん中低めへのシンカーを完璧に捉え、左中間スタンド中段への18号先制ソロ。4試合ぶりの一発を放つと、6回裏の第3打席では内角低めのスライダーを振り抜き、右翼スタンド中段へ2打席連発の19号ソロ。続く3番フレディ・フリーマンも二者連発の10号ソロを放ち、3点のリードを奪った。

 大谷の援護を受けた先発タイラー・グラスノーが7回3安打、9奪三振、無失点と好投。リリーフ陣が完封リレーで繋ぎ、グラスノーは自身7試合ぶりの白星でチームトップタイの7勝目。2番手ダニエル・ハドソンは今季10ホールド目、3番手エバン・フィリップスが今季10セーブ目をマークした

 この試合の大谷は3打数2安打、2本塁打、2打点、1四球の活躍。今季2度目の1試合2本塁打を記録し、今季成績は打率.309、19本塁打、OPS.976に上昇。ナショナル・リーグ本塁打部門トップ、ブレーブスのオズナまで1本差としている。

 なお、試合前に山本由伸が右上腕三頭筋の張りにより15日間の負傷者リスト入り。7回表の攻撃ではムーキー・ベッツが左手甲に死球を受けて負傷交代。試合後、左手の骨折であることがデーブ・ロバーツ監督から明かされた。

このニュースに関するつぶやき

  • 大谷の好調維持は嬉しいが、1番ベッツの死球骨折が心配。
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(39件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定