一見普通のエスカレーター、絶対乗れない理由にギョッとした 警告の4文字をよく見ると…

0

2024年06月18日 11:20  Sirabee

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Sirabee

(©ニュースサイトしらべぇ)

施設内のフロア移動の際に欠かせない存在が、エレベーターとエスカレーター。状況に合わせて使い分けることで、互いの真価を発揮する存在だ。

以前X上では、あまりに初見殺しすぎるエスカレーターに、驚きの声が上がっていたのをご存知だろうか。

【関連記事】お釣りで渡された奇妙な100円、偽金と思いきや… 50年前の転売ヤー大興奮なレア物と判明

 画像をもっと見る

■このエスカレーター、何かおかしい…?

ことの発端は、Xユーザー・美周郎さんが投稿した1件のポスト。

「これでエスカレーターじゃないの、トラップすぎるだろ」と意味深な1文が綴られた投稿には、商業施設内の様子を写した写真が添えられている。

そして、どう見てもエスカレーターにしか見えない設備には「階段注意」という、予想外な警告が表示されていたのだった。

 

関連記事:アンバランスが解散、山本栄治は引退へ 若かりし頃の写真を公開する人も

■「スマホいじりながら乗ったら…」驚く声

あまりに初見殺しな光景は見た者に大きな衝撃を与え、件のポストは投稿からわずか数日で1万件以上ものリポストを記録。

Xユーザーからは「スマホいじりながら乗ったら、しばらく気づかなそう」「『段差あり』かと思ったら『階段注意』だった…」「電気代高騰の影響でしょうか…?」など、驚く声が多数寄せられていた。

そしてこちらのエスカレーター、もとい階段の目撃情報はこれだけでなく…。

関連記事:アンバランスが解散、山本栄治は引退へ 若かりし頃の写真を公開する人も

■別アングルで見ても驚き

灯台下暗し。妙に既視感があると思ったら近所でしたwみなさま、素敵な午後を。 https://t.co/k41yao82sV pic.twitter.com/f0OPxQ9foO

— 心に茨を持つ中年 (@JohnMetavolita) June 9, 2024

残念ながら話題のポスト投稿主・美周郎さんからは詳しい話を聞けなかったが、同ポストには他ユーザーからの目撃談が少なからず寄せられる事態に。

その中の1人、心に茨を持つ中年さんは「灯台下暗し。妙に既視感があると思ったら近所でしたw」と綴り、エスカレーターに擬態した階段を背景にしたサムズアップ写真を投稿していたのだった。

 

関連記事:新宿駅で痴漢が逃走、“駅員ブチギレ”アナウンスが話題に 「初めて聞くワード」「丁寧語と憎しみが交錯」

■発見者は「地元民も気づかない」

心に茨を持つ中年さんに詳細を尋ねたところ、こちらの階段は福島県の商業施設「福島東口駅前 アックス」(AXC)にて発見したものと判明。

地下1階から地上1階へと向かう階段のようで、心に茨を持つ中年さんは「地下のカラオケ店を利用しない限り、この階段を上ることはまずありませんので、地元民でもこのアングルを知らなかったり、気づかない方のほうが多いと思います(笑)」と、説明してくれた。なお、上階は通常通りエスカレーターが稼働しているそうだ。

そこで今回は、同施設を管理する「AXCビル管理事務所」に取材を打診したが、残念ながら取材には応じられないとのことであった。ひょっとしたらこちらの施設のエレベーターや階段には、何か大きな秘密が潜んでいるのだろうか…。

 

関連記事:新宿駅で痴漢が逃走、“駅員ブチギレ”アナウンスが話題に 「初めて聞くワード」「丁寧語と憎しみが交錯」

■執筆者プロフィール

秋山はじめ:1989年生まれ。『Sirabee』編集部取材担当サブデスク。

新卒入社した三菱電機グループのIT企業で営業職を経験の後、ブラックすぎる編集プロダクションに入社。生と死の狭間で唯一無二のライティングスキルを会得し、退職後は未払い残業代に利息を乗せて回収に成功。以降はSirabee編集部にて、その企画力・機動力を活かして邁進中。

X(旧・ツイッター)を中心にSNSでバズった投稿に関する深掘り取材記事を、年間400件以上担当。ドン・キホーテ、ハードオフに対する造詣が深く、地元・埼玉(浦和)や、蒲田などのローカルネタにも精通。

・合わせて読みたい→新宿駅で痴漢が逃走、“駅員ブチギレ”アナウンスが話題に 「初めて聞くワード」「丁寧語と憎しみが交錯」

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定