ドジャース・大谷翔平、「1番」起用に応える広角3安打1打点 歴代2位の松井稼頭央氏に並ぶ通算102盗塁もマーク

14

2024年06月18日 12:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

3安打を放った大谷翔平
◆ 大谷翔平が起用に応える3安打

 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手(29)が現地時間17日のロッキーズ戦に「1番・指名打者」でフル出場。3安打含む4出塁を記録し、打線を牽引した。

 ロッキーズ先発は今季2度目の対戦となる右腕クワントリル。初回の第1打席はカウント2-2から真ん中付近のシンカーを打つも、遊ゴロに倒れた。

 1点リードの2回表、二死二塁の好機で迎えた第2打席はゾーンど真ん中に甘く入ったスプリットを捉え、一二塁間を破る右前適時打。さらに2番ウィル・スミスの適時三塁打で本塁へ生還し、リードを3点に拡大した。

 2点リードで迎えた4回表の第3打席は、カウント1-2から外角のスプリットを引っ張り右中間へ。中堅手前方への当たりだったが、快足を飛ばして二塁に到達。その後二死一、二塁と好機を迎えたが、後続倒れ得点には繋がらなかった。

 6回表の第4打席は2番手右腕バードと対戦。カウント2-0から真ん中付近のシンカーを逆方向に弾き返し、2打席連続の二塁打。続くスミスの右飛で三塁へ進んだが、この回も無得点に終わった。

 8回表の第5打席は3番手右腕ハートリーブと対戦。フルカウントから内角低めへの際どいシンカーを見送り、四球で出塁。続くスミスへの初球で二塁を陥れ、今季16個目、MLB通算では102個目の盗塁に成功。松井稼頭央氏と並んで日本人選手歴代2位に浮上した。

 7点リードとなった9回表の第6打席は4番手右腕ローレンスと対戦。カウント1-1から真ん中付近のシンカーを引っ掛け二ゴロに終わった。

 この試合の大谷は5打数3安打、1打点、1四球、1盗塁という内容。1番打者起用に応える活躍で現地時間5月14日以来となる1試合3安打をマーク。今季成績は打率.314、OPS.989に上昇している。

このニュースに関するつぶやき

  • 昔ドカベンで土井垣のアホが山田一番打者にして弁慶高校に負けたの思いだした。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定