JR各社、「青春18きっぷ」夏季も設定 冬季分は未定

79

2024年06月18日 14:20  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真

JRグループ各社は6月18日、夏季の「青春18きっぷ」の設定について発表した。例年は2月頃に春季・夏季・冬季の3シーズン分の発表があるが、今年は春季分のみの発表となっていた。冬季分の発売は未定。

利用期間は7月20日から9月10日まで、発売期間は7月10日から8月31日まで。価格は12,050円。全国のJRの主な駅、旅行センター、旅行会社で発売する。

「青春18きっぷ」はJR線の普通・快速列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りができるきっぷ。1枚のきっぷで1人で5回、5人で1回などの利用ができる。新幹線や特急、急行列車は利用できないが、特例として石勝線の新得〜新夕張駅間、室蘭線の東室蘭〜室蘭駅間は特急列車の普通車指定席の空席、奥羽本線の青森〜新青森駅間、佐世保線の早岐〜佐世保駅間、宮崎空港線の宮崎空港〜宮崎駅間は普通車自由席を利用できる。

普通・快速列車のグリーン車自由席利用時にはグリーン券を、普通・快速列車の普通車指定席利用時には座席指定券を、「ホームライナー」等のライナー列車利用時には乗車整理券かライナー券を別途購入すれば利用可能。新幹線、特急、急行列車や、快速「マリンライナー」などのグリーン車指定席は利用できない。

なお、新青森〜青森駅間は、相互発着に限り全車指定席の普通・快速列車の普通車の空席を利用できる。北海道新幹線の奥津軽いまべつ〜木古内駅間と道南いさりび鉄道の利用は、青春18きっぷと同期間に設定される「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(2,490円)を別途購入することで可能。

JR線と直通運転をしている私鉄・第三セクター鉄道線や、JRバスの利用はできない。ただし、青い森鉄道の青森〜八戸駅間、あいの風とやま鉄道の富山〜俱利伽羅駅間、IRいしかわ鉄道の倶利伽羅〜津幡駅間、ハピラインふくいの越前花堂〜敦賀駅間の通過利用は可能。

このニュースに関するつぶやき

  • 若い頃、大垣夜行で西へ行ったよ…
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(45件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定