大麻グミ製造会社元社長ら不起訴=指定薬物所持の疑い―大阪地検

27

2024年06月18日 19:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 大麻の類似成分を含むグミを食べた人が体調不良を訴えた問題で、医薬品医療機器法の指定薬物を販売目的で所持したとして、同法違反の疑いで逮捕されたグミ製造販売会社「WWE」(大阪市北区)の元社長(39)ら3人について、大阪地検は18日、不起訴処分とした。

 地検は理由について、「公訴を維持するにたえる証拠が収集できなかったため」と説明した。

 元社長は、神奈川県内の倉庫などで「HHC(ヘキサヒドロカンナビノール)」を含む固形物を販売目的で保管したとして、今年4月と5月に近畿厚生局麻薬取締部に逮捕された。6月に同容疑について処分保留となった際、大阪府警が、大阪市内の直営店でHHCを販売するため所持したとして逮捕していた。

 元社長とともに、同部に逮捕されたWWEの元開発担当の従業員(38)と、府警に逮捕されたWWEの直営店の元従業員(25)についても、地検は同日付で不起訴処分とした。 

このニュースに関するつぶやき

  • こいつら、「不起訴だよ。またやるぜ」ってやり始めるよ。持っていただけで十分犯罪なんだろ?おかしな理由だな。
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(24件)

ニュース設定