元イングランド代表DFバートランドが現役引退を発表…レスター退団以降は1年間無所属の状況が続く

0

2024年06月18日 21:09  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

現役引退を発表したバートランド [写真]=Getty Images
 かつてサウサンプトンなどで活躍した元イングランド代表DFライアン・バートランドが18日、現役引退を発表した。
 
 現在34歳のバートランドは、チェルシーの下部組織出身で2006年にトップチームへと昇格。その後は、国内下部リーグのノリッジやレディングなどにレンタル移籍を繰り返し、2011年4月にチェルシーのトップチームでデビューを飾った。2011−12シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝ではCL初出場を果たし、クラブの初優勝に貢献。しかし、定位置確保に至らず2014年1月にアストン・ヴィラへレンタル移籍すると、同年7月にサウサンプトンへレンタル移籍で加入した。2015年2月に完全移籍に移行し、公式戦通算240試合出場8ゴール20アシストの成績を記録。2021年7月からはレスターで活躍し、2023年6月に契約満了で退団して以降は、無所属の状態が続いていた。

 キャリアを通じて合計500試合出場12ゴール27アシストをマークした左サイドバックは、イングランド代表としても通算19キャップを記録。なお、バートランドはCL決勝でCLデビューを果たした史上初の選手としても知られている。
    ニュース設定