マンC、退団者次第では今夏に補強を行わず? デ・ブライネやB・シルヴァは残留が濃厚か

0

2024年06月18日 23:10  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

プレミアリーグ4連覇を達成したマンチェスター・シティ [写真]=Getty Images
 プレミアリーグのマンチェスター・シティに、今夏での選手補強を行わない可能性が浮上した。17日、大手スポーツ専門チャンネル『ESPN』が伝えている。

 2023−24シーズンのプレミアリーグで28勝7分3敗を記録し、勝ち点「91」を積み上げたことにより史上初のリーグ4連覇を達成したマンチェスター・シティ。来シーズンはさらなる記録更新が期待される同クラブだが、今夏の移籍市場では既存戦力の維持に努め、新たな選手を補強しない可能性があるという。

 同メディアによると、マンチェスター・シティは2023−24シーズンと同様のメンバーで来シーズンに臨む準備を進めており、選手が退団を希望しない限り、今夏に大きな補強は行わない模様。ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネやポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァ、ブラジル代表GKエデルソンなど複数の主力選手の将来が不安視されているものの、これまでのところ同3選手はクラブに退団の意思を示していないと主張した。

 また、バルセロナにレンタル移籍中のポルトガル代表DFジョアン・カンセロとウェストハムにレンタル移籍中のイングランド代表MFカルヴィン・フィリップスについては、完全移籍での放出を望んでいる様子。しかし、「もし彼らが退団した場合でも、後任は必要ないだろうと情報筋は語っている」と『ESPN』は報じた。

 なお、以前からマンチェスター・シティは、ニューカッスルに所属するブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスに関心を寄せていると噂されているが、デ・ブライネ、B・シルヴァ、マテウス・ヌネスのいずれかがクラブを去った場合に、獲得が検討される予定だと指摘した。
    ニュース設定