キャンプやオフィス履きにも○ アウトドアブランドの「スリッポン(モックシューズ)」おすすめ4選 素早く水を排出する水陸両用モデルから梅雨に履きたい防水モデルまで【2024年6月版】

0

2024年06月19日 06:20  Fav-Log by ITmedia

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

メレル ジャングル エボ(出典:Amazon)

 スリッポン(モックシューズ)は、脱ぎ履きがしやすく、普段使いはもちろん、キャンプなどのレジャーシーンにもおすすめのフットウェアです。

【その他の画像】

 ここではアウトドアブランドのおすすめ「スリッポン(モックシューズ)」4選を紹介します。

●おすすめ「スリッポン」:メレル ジャングル エボ

 メレルを象徴する超定番モックシューズ「ジャングル モック」を新たなテクノロジーとサステナブルな素材でアップデートしたモデルです。

 ミッドソールには、クッション性、軽量性、耐久性を兼ね備えたEVAフォームを使用した「FloatPro(フロートプロ)」フォームを使用。従来モデル以上の快適性とフィット感を実現しているとのことです。

 またフッドベッドも含めたアッパー全体に100%リサイクルポリエステルを採用し、ジャングルモックシリーズ最高レベルのサステナブル化を実現しているのも特徴。リサイクルポリエステルを使用したニットアッパーは、オリジナルモデルのスエードよりも涼しげな見た目で、暑い季節に最適です。実売価格は1万1000円ほど(税込、以下同)から。

●おすすめ「スリッポン」:コロンビア ドレインメーカー ティーアール

 米国オレゴン発の帽子屋を起源とするアウトドアブランド「コロンビア」のスリッポンシューズです。

 ソールに排水用の穴を備えたドレインソールを採用。シューズ内の水を素早く排出できるため、水辺のアクテビティで活躍するほか、街中での使用でも通常の靴と比べて圧倒的な通気性を得られるので、暑い季節も快適に履けるのがメリットです。

 アッパーとインソールに通気性と速乾性に優れたメッシュ素材を使用しており、ドレインソールとの組み合わせで足蒸れを徹底的に防いでくれます。

  ミッドソールとアウトソールをEVAフォームで一体成型することで、耐久性と軽量化を両立した「オムニグリップライト」を採用。軽快な履き心地も魅力的なポイントです。実売価格は1万円前後から。

●おすすめ「スリッポン」:コロンビア ホーソンレイン スリップ

 普段使いしやすいデザインがうれしい防水モックシューズです。

 防水モデルでありながら一見普通のスリッポンシューズにしか見えないデザインで、日常のコーディネートに取り入れやすくなっています。

 アッパーにはテキスタイルスエードを使用し、レトロかつ落ち着いた風合いに仕上がっているのも魅力的なポイント。クッション性に優れたボリュームのあるインソールによって、履き心地も良好です。

 公式サイトでの価格は1万1000円です。

●おすすめ「スリッポン」:ノースフェイス ベース キャンプ ミュール

 アウトドアにおけるリラックスシーンでの快適性を追求したスリッポンシューズです。

 アッパー素材に通気性の高いリサイクルポリエステルメッシュを採用しており、シューズの内の蒸れを軽減。取り外しが可能なインターナルフットベッド仕様で、はだしでも快適に履くことができます。

 かかと部分はキックバックヒールになっており、踏んでサンダルのようにも履けます。キャンプシーンはもちろん、スポーツのアフターシューズとしても活躍する1足です。

 公式ストア価格は1万6940円です。

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定