ピザハットが「ピザの概念を捨てたバーガー」と「欲望の集大成」と語る新商品2つを発売 12日間の期間限定

1

2024年06月19日 13:40  おたくま経済新聞

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

ピザハットが「ピザの概念を捨てたバーガー」と「欲望の集大成」と語る新商品2つを発売 12日間の期間限定

 ピザハットの背徳メニューこと「ギルティ裏メニュー」が、新商品を加えて再登場します。販売期間は、2024年6月19日〜6月30日の12日間限定。


 新たに仲間に加わったのは、ピザの概念を捨てたという「ピザ屋なのに ライスチキンバーガー」と、欲望の集大成と語る「ピザ屋なのに チキン&チキンバーガー」の2種。価格はそれぞれ税込780円となっています。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 ピザハットの商品開発チームの欲望から誕生した、背徳の美味しさが感じられる「ギルティ裏メニュー」。もともとは、6月7日〜16日の10日間限定で販売されていました。それがあまりに好評だったことから、即座に再販決定。2024年6月19日からの12日間限定で販売されることになりました。


 再販でも、「ピザのいいトコ重ねてひと口 裏Hut Melts(ハットメルツ)」(税込1580円)、「マヨチキでチキンを挟んだ 裏ピザサンド」(税込780円)、「食べたいチキン全部入り 裏サイドボックス」(税込1580円)の3種類が登場。


 加えて、「ピザ屋なのに ライスチキンバーガー」と「ピザ屋なのに チキン&チキンバーガー」を加えた5種類のラインナップとなっています。


■ ピザの概念を捨てた「ピザ屋なのに ライスチキンバーガー」

 「ピザ屋なのに ライスチキンバーガー」はプルコギとタツタチキンをライスバンズで挟んだ、ボリューム満点のメニューです。


 ジューシーな鶏肉とサックリ食感の衣が特徴の和風タツタチキンの下には、プルコギピザの具材とこくうまマヨソース・プルコギビーフ・ニラがトッピング。さらにピザハット自慢のモッツァレラチーズと、深いうま味と香り引き立つゴーダチーズが絡み合います。


 バンズは国産米を100%使用したライスバンズ。オーブンでじっくり焼き上げた、こんがり醤油風味となっています。


 「我々の英知を結集して、もはやピザの概念を捨てたバーガーを作ってみました」と商品開発チーム。絶対に美味しいギルティライスバーガーと自信をのぞかせます。


■ 欲望の集大成「ピザ屋なのに チキン&チキンバーガー」

 もう1つの新商品「ピザ屋なのに チキン&チキンバーガー」は、プルコギとライスバンズをタツタチキンで挟んだ新感覚バーガー。和風タツタチキンをダブルで使用してサンドするという逆転の発想から生まれたメニューです。


 商品開発チームは「ピザ屋なのに チキン&チキンバーガー」について、欲望の集大成と語ります。チキンバンズなので食べにくさはあるものの、「人目を気にせず豪快にかぶりつく!!というところまでいって初めて真のギルティなのではないでしょうか」と提案。この商品を発売できて悔いはないとのことです。


情報提供:日本ピザハット株式会社

Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 佐藤圭亮

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定