赤楚衛二、『Re:リベンジ』撮了に笑顔 撮影振り返り「エビチリを顔につけられました(笑)」

0

2024年06月20日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『Re:リベンジ-欲望の果てに-』クランクアップを迎えた赤楚衛二(C)フジテレビ
 俳優の赤楚衛二が主演、錦戸亮が共演するフジテレビ系木曜劇場『Re:リベンジ-欲望の果てに-』(毎週木曜 後10:00)が20日に最終回を迎える。このほど、赤楚がクランクアップを迎え、コメントが到着した。

【写真】衣装に身を包み…クールな表情を見せる赤楚衛二&錦戸亮

 巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐心」が入り乱れ、人間の内に秘めた「欲望」がむき出しになっていくリベンジサスペンス。主人公・天堂海斗(赤楚)が、父親の事件をきっかけに巨大病院に牙をむく内容となっている。錦戸が演じるのは、日本屈指の巨大病院「天堂記念病院」に新しく赴任してくる心臓血管外科の医師・大友郁弥。若くして難易度の高い心臓移植を成功に導き、多くの実績を残してきた。そんな優秀な能力が見込まれ、同病院で働くことになるが、実は郁弥にはある思惑があった。

 一方、海斗は父親が事件に巻き込まれたタイミングで突如現れた郁弥のことをどこか怪しむ。海斗と郁弥、この2人の出会いが、巨大病院の権力争いに拍車をかけ、周囲の登場人物たちの「欲望」をかき立てていくことになる。果たして、2人の行く末に待ち受ける結末とは。

 赤楚が最後のシーンを撮り終えると、スタッフから「天堂海斗役、赤楚衛二さんオールアップです」の声がかかり、現場には大きな拍手が起きた。赤楚は、「約4ヶ月間お疲れさまでした」とほっとした表情を浮かべた。自身の役について、「まず、天堂海斗という役で本当にいろいろな方々から罵声を浴び、(第6話で笹野高史に)エビチリを顔につけられ、すごい目でにらまれたりしました(笑)。あとは、花粉がつらかったですね」と笑顔で撮影を振り返り、周囲からは笑いが起きた。

 また、「(役的に)苦しいことが多かったのですが、金井(紘)監督をはじめ、現場の皆さんがすごくステキで温かくて、アットホームで…居心地が良かったです」と思いを明かした。そして、「共演者の錦戸さんをはじめ、皆さんにすごく助けられました。もし役みたいにバチバチされていたら、僕はここにいなかったかもしれません(笑)。本当にそれぐらい皆さんの優しさに助けられ、最後まで走りきることができました」と語り、「まだ、編集は残っていると思いますが、頑張ってください。そして、この4ヶ月間を振り返って、僕は“宝物のような作品”と出会えたな、と心から思います。皆さんと出会えて、本当に幸せでした。ありがとうございました」と深々とお辞儀。スタッフ、キャストへ感謝の言葉を伝えた。
    ニュース設定