実写版『【推しの子】』映像解禁、ドラマ配信日は11月28日・映画公開日は12月20日に決定

46

2024年06月20日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

実写版『【推しの子】』ティザービジュアル (C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・東映 (C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・2024 映画【推しの子】製作委員会
 赤坂アカと横槍メンゴ(共同名義)による芸能界を題材にした人気漫画『【推しの子】』を実写映像化するプロジェクトが発表されて半年。続報として、ドラマシリーズをPrime Videoにて11月28日午後9時よりプライム会員向けに世界独占配信、その続きとなる映画を東映配給にて12月20日より全国公開することが発表された。あわせて、特報映像&ティザービジュアルが解禁となった。

【画像】実写版キャストのキャラクタービジュアル一覧

 2020年に「週刊ヤングジャンプ」にて連載スタートした原作漫画は、伝説的アイドル・アイの“推しの子”として転生するファンタジックな設定とショッキングな描写もいとわないサスペンス要素、“芸能界”という複雑な世界に躊躇なく切り込んだほかに類を見ない斬新なストーリーで多くのファンを獲得した。来月3日からはアニメ第2期の放送も控えている。

 その実写化プロジェクトでは、主演を櫻井海音が務めるほか、齋藤飛鳥、齊藤なぎさ、原菜乃華、茅島みずき、あの、らの出演が発表されている。

 初映像となる特報は、無数のサイリウムに囲まれたステージに立つ、伝説的アイドルグループ「初代B小町」のライブシーンから幕開け。グループの中でもひと際存在感を放つ、“完璧で究極のアイドル”、アイ(齋藤飛鳥)の眩しいほどのきらめきに目を奪われるのも束の間、カチンコの音が鳴り響くと物語の世界は一変。「アヴェ・マリア」の叙情的な旋律にのせて、“芸能界”を生き抜く、アクア(櫻井)、ルビー(齊藤なぎさ)、かな(原)、MEMちょ(あの)、あかね(茅島)らの姿が映し出される。

 欲望や情熱、様々な思惑が交錯する“芸能界”の光と影。映像のラストでは、突如アイが何者かに刺される衝撃の展開とともに、「この物語は、フィクションである」というナレーションが。なぜアイは殺されたのか。「嘘はとびきりの愛」と語る、アイの瞳の奥に隠された真実とは――。予測不能の挑戦的なストーリーと、ハイクオリティな映像を予感させる。

 ティザービジュアルでは、アクア、アイ、ルビーを中心にメインキャラクターが集結。日々目まぐるしく変化し、嘘と本音、真実と虚構が入り混じるSNSの世界観が表現されたビジュアルには、原作の名シーンを彷彿とさせる写真が散りばめられている。

■スタッフ発表、監督はスミス&松本花奈、脚本は北川亜矢子

 いきものがかり、ケツメイシ、Snow Man、NMB48、斉藤和義、マキシマム ザ ホルモン、氣志團、フジファブリック、Little Glee Monster、フレデリックなど多岐ジャンルにわたる人気アーティストのMVを手がける人気映像演出家・スミスが監督することが発表された。ドラマ作品では『ぼくは麻理のなか』(2017年/フジテレビ)、『青野くんに触りたいから死にたい』(22年/WOWOW)、『恋と弾丸』(22年/MBS)など、いずれも人の感情や性(さが)を独自の感性でユーモアを器用に織り交ぜながら描き、実績を残してきた。

 さらに、15年に初の長編映画『真夏の夢』が、史上最年少の16歳でゆうばり国際ファンタスティック映画祭フォアキャスト部門に正式出品され、翌年、同映画祭で映画『脱脱脱脱17』がオフシアター・コンペティション部門の審査員特別賞・観客賞を受賞した若手最注目監督の松本花奈の参加も決定。映画『明け方の若者たち』(21年)、ドラマ『君となら恋をしてみても』(23年/MBS)では、人と人とのつながりやそのはかなさを淡くまぶしく見事に表現した。

 映像の美しさにおいても高く評価を得ている2人の映像監督が、それぞれの武器を最大限に発揮し、手腕を振るう。

 脚本は、『女くどき飯』シリーズ(15年、16年/MBS)、『東京ラブストーリー』(20年/FOD)、『自転車屋さんの高橋くん』(22年/テレビ東京)、ドラマ版『ゆるキャン△』シリーズ(20年、21年/テレビ東京)、『マイ・セカンド・アオハル』(23年/TBS)の北川亜矢子。人間の複雑な部分を美しく表現するスペシャリストたちが名を連ね、光と影の両面をあわせもつ【推しの子】という作品を描いていく。

■東映・井元隆佑プロデューサーのコメント

 赤坂先生と横槍先生から、大切な原作の実写化をゆだねていただき、まもなく2年という歳月を重ねようとしています。

 大好きな【推しの子】と真正面から向き合う日々。

 ものづくりの高揚感とともに、いつまでも拭うことのできない、恐ろしいほどの重圧に苛まれているのも本音です。初めて原作を読んだ日のように「【推しの子】のいちファンに戻れたら」と幻想してしまうことすらあります。

 我々の作品がどれだけ世に響くのかまだ分かりません。ひとりでも多くの人へ届くように全力で挑みます。どうか皆さんの心に届いて欲しいです。

 最後に、集結してくれた大切なキャスト・スタッフ・関係者の皆さん。大きな不安やプレッシャーがひしめく中、共に歩んでくれたことに、最大限の感謝の意を伝えます。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 懲りない改悪www
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(32件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定