王貞治監督で戦った第1回WBCの苦労を武田一浩氏が告白 「ダメだと言ったのに…」

0

2024年06月20日 10:00  Sirabee

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Sirabee

(©ニュースサイトしらべぇ)

元日本ハムファイターズの武田一浩氏が、元広島東洋カープ・高橋慶彦氏のYouTube『よしひこチャンネル』に出演。王貞治監督の下、投手コーチ務めた第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の裏話を語った。

 

■第1回WBCを振り返る

投手コーチとして参加した第1回WBCを振り返った武田氏は「いろいろあったんですよ、本当に。選手の使い方もあったし」と語る。

さらに「予選でも負けていいということはないんですけど、負けたんですよ、韓国に。それも僕がブルペンにいて、ダメだと言ったのに使って負けたんですよ」と回想。

そして「(韓国に)絶対負けちゃいけないと思ってたんですよ。力の差はあって、勝てると思ったんですけど、負けたんですよ。そしたらアメリカでも調子こかれて。結構、イラっとしました」と話した。

 

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■当時は「結構噛みついていた」

武田氏は「(韓国に)負けると誰も思ってなかったですもん。でも負けたんで。王会長も言ってたんですけど、みんなの運が良ければ野球は勝てる。誰か1人でもそういうアレがあると勝てない。野球を辞めて聞いていて、なるほどと思いました。勉強になりました。王さんの言っていることに」と告白する。

続けて「僕は結構噛みついていたんですよ、そのとき。王監督にじゃないですよ。『こう使わないとダメです』みたいな。僕はブルペンにいるんで、ボールが合わないやつはわかるんです」と振り返った。

 

関連記事:関口宏、WBC日本代表所属のMLB球団に不満 「メジャーのチームって…」

■コーチは向いていないと…

さらに「ブルペンにいるときに、アメリカ戦あるじゃないですか。今でも覚えています。清水直行が『エイ!』って投げるじゃないですか。慶彦さんは一緒にやったからわかると思うんですけど、『エイ!』って投げるんですよ」と武田氏はアメリカ戦で同点2ランを許した元千葉ロッテマリーンズ・清水直行投手に言及。

そのうえで「勢いで行くんで、ブルペンから出ていくときに、『絶対、エイって投げるなよ』と言った。でも人の話を聞いてない。あのときにコーチは向いていないと思った」と告白していた。

 

関連記事:関口宏、WBC日本代表所属のMLB球団に不満 「メジャーのチームって…」

■崖っぷちから世界一に

王氏が指揮を執った第1回WBC。日本は東京ドームで開催された第1ラウンドで韓国に敗れ、2位で第2ラウンドに進出する。

アメリカで行われた第2ラウンドでも地元アメリカに「世紀の誤審」もあり敗戦。さらに韓国にも敗れ、準決勝進出は絶望的な状況に。

ところがアメリカがメキシコに敗れたため、失点率で準決勝進出。準決勝では2敗していた韓国に福留孝介氏のホームランなどで勝利すると、決勝で当時アマチュア最強と言われていたキューバにも勝ち、世界一の栄冠を手にした。

関連記事:WBC優勝後会見で「無職の杉谷拳士」が話題 大谷選手の“ド畜生ぶり”にも注目集まる

■武田氏が第1回WBCを振り返る

・合わせて読みたい→関口宏、WBC日本代表所属のMLB球団に不満 「メジャーのチームって…」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治)

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定