朝倉未来プロデュース『Dark Idol』きょう放送開始 一次審査は40人が“1対1バトル”「勝負の厳しさがあって面白い」

0

2024年06月20日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

朝倉未来プロデュース番組『Dark Idol』#1より(C)AbemaTV Inc.
 格闘家の朝倉未来がプロデュースを手がけるアイドルオーディション番組『Dark Idol』が、きょう20日にABEMAでスタート。午後9時から#1と#2を放送する。

【40人の画像】『Dark Idol』特集ページ=参加者のプロフィールなど掲載

 朝倉がABEMAに企画を持ちかけてスタートした『Dark Idol』は、挫折や葛藤をもつ女性のセカンドチャンスを応援し、女性が人生を自らの手で変える瞬間を見届ける、“アイドル”の概念を覆す新しいかたちのアイドルオーディション番組。歌手のAIやFRUITS ZIPPERが所属するASOBISYSTEMが全面協力し、朝倉が「正直に生き、同性に好かれるアイドル」のデビューまでを見届ける。

 #1と#2では、500通以上の応募から絞られたデビュー候補生40人が1st Stageに挑む。審査員は朝倉のほか元AKB48総監督の横山由依、音楽プロデューサー兼作曲家の松隈ケンタ、ダンサー兼振付師の周平が参加。また元AKB48の峯岸みなみサポーターとして候補生ひとりひとりに寄り添い精神面のサポートをしていく。

 審査はまず審査員4人とスタジオに集まったアイドルファン150人が、候補生40人の第一印象を10点満点で採点。次に第一印象で採点されたファーストランキング上位20人と下位20人で、1対1の歌唱・ダンス・フリーアピールによるパフォーマンスバトルが行われる。

 この対戦形式についてプロデューサーの朝倉は「第一印象が40位だけど1位に勝っちゃうみたいな(下剋上)。僕は格闘家としてそういう世界で生きてきたんでね、そういう厳しさみたいなものがあっても面白いんじゃないか」と自身が食うか食われるかの格闘技の世界を生き抜いてきた経験からこのバトルに挑む候補生たちの番狂わせにも期待を寄せる。

 そして、いじめや外見コンプレックス、アイドル詐欺被害…それぞれ壮絶な過去を持った候補生たちが、アイドルデビューというセカンドチャンスを掴むためしのぎを削っていく。『BreakingDown』を通じて多くの男性たちの人生を変えてきた朝倉のアイドルプロデュースの手腕はいかに。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定