日本代表、アジア最終予選で韓国&イランとは別組が確定! 27日に組み合わせ抽選会

15

2024年06月20日 17:37  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

W杯アジア最終予選に進出する日本代表[写真]=Getty Images
 国際サッカー連盟(FIFA)は20日、最新のFIFAランキングを発表。日本代表は17位で、前回から1つランクアップした。

 6月に行われたFIFAワールドカップ26アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選の2試合を、ともに快勝した日本代表。前回のFIFAランキングから1つ順位を上げる形で、17位にランクイン。アジア勢トップの座も死守している。

 その他、ブラジル代表(前回5位)が4位に、クロアチア代表(前回10位)は9位にランクアップした一方で、イングランド代表(前回4位)が5位に、イタリア代表(前回9位)は10位にランクダウン。トップ3の1位アルゼンチン、2位フランス、3位ベルギーには変動がなかった。

 また、日本代表がFIFAワールドカップ26アジア最終予選でポット1に入ることも決定。最終予選は2次予選を勝ち上がった18カ国が6カ国ずつ3グループに分かれ、ホーム&アウェイの2回戦総当たり方式で試合を行う。最終予選の組み合わせは、最新のFIFAランキングに基づいて6つのポットに分けられ、27日の抽選会で決定することになっている。

 前述した通り、日本代表はアジア最上位をキープしたため、ポット1に入ることが決定。同じくポット1に入ったアジア2位のイラン代表、アジア3位の韓国代表とは異なるグループに入ることが確定した。

 最終予選は9月から来年6月にかけて開催され、各組の上位2カ国がストレートインで出場権を獲得。3位と4位は4次予選 (アジア・プレーオフ) に進み、3カ国ずつ2グループに分かれて総当たり戦を行う。アジア・プレーオフでは各組1位が出場権を獲得し、各組2位は一発勝負で対戦。勝者が大陸間プレーオフに進むことになっている。

 アジア最終予選のポットは以下の通り。

▼ポット1
・日本代表
・イラン代表
・韓国代表

▼ポット2
・オーストラリア代表
・カタール代表
・イラク代表

▼ポット3
・サウジアラビア代表
・ウズベキスタン代表
・ヨルダン代表

▼ポット4
・UAE代表
・オマーン代表
・バーレーン代表

▼ポット5
・中国代表
・パレスチナ代表
・キルギス代表

▼ポット6
北朝鮮代表
インドネシア代表
クウェート代表

このニュースに関するつぶやき

  • これから全勝してもW杯までに1ポットに行くことは非現実的だし、12グループに分けるのなら24位までは確実に2ポットなので日本はポット2だ。前回のようにスペイン・ドイツと同組になることもないだろう。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定