ドジャース、同地区4連戦に勝ち越し 大谷翔平&スミス&フリーマンの新・上位打線トリオが本塁打揃い踏み

2

2024年06月21日 07:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

21号先頭打者アーチを放った大谷翔平
● ロッキーズ 3−5 ドジャース ○
<現地時間6月20日 クアーズ・フィールド>

 ロサンゼルス・ドジャースが同地区ロッキーズとの4連戦に勝ち越し。大谷翔平選手(29)が21号本塁打を放ち、ナショナル・リーグ本塁打ランキングの単独トップに浮上した。

 ドジャースは初回、大谷の21号先頭打者アーチで幸先良く先制。3回表にはアンディ・パヘスとミゲル・バルガスの適時打で2点を加え、続く4回表は2番ウィル・スミスと3番フレディ・フリーマンの二者連続本塁打で再び2得点。序盤で5点のリードを奪った。

 投手陣では先発ギャビン・ストーンが6回途中2失点と試合を作り、チームトップの8勝目をマーク。勝利したドジャースは敵地での同地区対決4連戦を3勝1敗。次戦は大谷の古巣エンゼルスを本拠地に迎えて2連戦を行う。

このニュースに関するつぶやき

  • 日テレさんのZIP内で大谷さんのこの記事の映像が流れてたよ、どういうカラクリなのかな?
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定