柴田阿弥と副島淳、過去のいじめ被害を告白「決して忘れられない」 兼近大樹が明かす後悔も

4

2024年06月21日 20:42  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

20日放送のABEMA夜のニュース番組『ABEMA Prime』に出演した柴田阿弥(C)AbemaTV
 お笑いコンビ・EXIT(兼近大樹、りんたろー。)がMCを務める20日放送のABEMA夜のニュース番組『ABEMA Prime』(後9:00)では、フリーアナウンサーの柴田阿弥とタレントの副島淳とがゲスト出演し、いじめ被害を告白した。

【番組カット】「ショックで絶句」いじめ被害を告白した副島淳

 MCの兼近は「僕もすごく後悔していることがある。幼少期の僕は、大人数で1人を攻撃していたら、それはいじめだと思っていた。だから、その首謀者が許せなくて、みんなの前で止めに入って、手を上げてしまったことがある」。

 「すると、いじめを受けていた子からは『ありがとう』と言われ、先生からは『よく止めたな』と褒められた。僕は気持ち良くなってしまい、その後も攻撃を続けてしまった。当時は自分の正義感が正しいと思っていたけど、大人になって『これもまたいじめで、僕も加害側なのでは?』と理解して、とても後悔している」と打ち明けた。

 さらに、「僕は『いじめを止めることで、自分の存在を認めてもらいたい』という気持ちが先行してしまい、クソみたいな正義感を振りかざしてしまった。それと同じようなことがSNSの世界でも起きていると思う。『この人は裁いていい』と、他人を攻撃している様子を見かけるが、人が人を裁いていいわけない。『いじめはしない』と心に誓うだけではなく、人を裁くこともしないで欲しいと思う」と話した。

 小学校でいじめ被害に遭ったタレントの副島は「僕は自分の体験をメディアで発信しているが、それを見た同級生から『俺たちこんな事してた?』『テレビだからって話を盛るなよ(笑)』と言われたことがある。今は、仲が良いからこんな風に言ってしまうのかもしれないけど、僕はショックで絶句した。いじめた人が後悔しているケースもあると思うが、忘れちゃっていたり、なかったことにしている人の方が多いと思う」とコメント。

 柴田も「嫌なことをしてきた人のフルネームは今でも言えるくらい、忘れられない記憶。この経験が自分の性格形成に影響しているとも思う。加害者が後悔するぐらいなら、学校や社会はいじめを発生させないことにフルコミットすべきだ。それに加えて、いじめを受けた人に対して、『いつまで言うんだ?』『昔のことじゃない?』という言葉を投げかけるのはやめるべきだ」と語った。

このニュースに関するつぶやき

  • イジメや差別はやってる側話案外自覚がないからな・・・
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定