木南晴夏、ロケ弁の“クオリティ低下”に物申す 驚きのメニュー明かす【おいハンサム!!】

153

2024年06月21日 21:19  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

木南晴夏(C)モデルプレス
【モデルプレス=2024/06/21】女優の木南晴夏が6月21日、都内で行われた映画『おいハンサム!!』公開初日舞台挨拶に佐久間由衣、武田玲奈、MEGUMI(吉田鋼太郎はリモート参加)と出席。ロケ弁について語る場面があった。

【写真】木南晴夏が推してるイケメン俳優

◆木南晴夏、ロケ弁に物申す

イベントでは、本作のタイトルにちなみ「おい◯◯!!」とツッコミを入れたいことを発表する企画も行われ、木南は“ロケ弁”と答え「最近のドラマや映画で出してくださるロケ弁のクオリティがあまりにもどんどん下がっているんじゃないか問題があって(笑)、問題提起してぜひ改善していただきたいんです」とクレームを入れ、「女優さんや俳優さんって煌びやかな世界で生きているイメージがあると思うので、さぞかし美味しいご飯を食べているんだろうと思われがちなんですけど、行く場所とか、選ぶものによっては、こんなお弁当が世の中に売られているのかみたいなレベルのお弁当が出されたこともあって、お弁当って4つくらいに区切られているじゃないですか。4つのうち2つが白飯だったときがあって、(残り2枠に)漬物とソーセージしか入っていないときがあって、“これ1択ですか?”みたいなことがあって、要改善というか、もう少しお仕事が頑張れるように、もうちょっとだけいいものが食べられたら嬉しいなという気持ちです」と思いを包み隠さず話し、佐久間は涙を流して爆笑した。

そんな佐久間は“まんぷく”と答え「物申すというか自分に対してになっちゃったんですけど、食欲が止まらなくて、毎食、ご飯を3杯くらい食べちゃうんです」と告白して驚かせ、「炊いたお米が足りないみたいな感じになっちゃうんですけど、そんなときに自分に『おい、食べ過ぎだろ!!』みたいなことで、まんぷくです」と照れ笑い。これにMEGUMIは「里香もすごく食べるから(役を演じたせいで)胃が大きくなっちゃったのかな」とフォローした。

MEGUMIは「シンプルに愚痴みたいになっちゃうんですけど、“マネージャーさんよ”と書かせていただきました」と答え、「勝手にこっちがやっているんですけど、たまに体のリセットという感じで玄米だけを食べたり、ちょっとだけジュースだけ飲むみたいなときってあるんですよ。こっちが勝手にやってるからしょうがないんですけど、そんなタイミングで目の前でシュークリームとかいくらとかバクバク食べるみたいな。揚げ物もいってみたいなことが最近ありまして、それは彼の人生ですし、毎日一緒にいるから自分も玄米を食べなさいということではないんですけど、背中を向けて食べてもいいんじゃないかなと勝手に思っています」とダメ出し。そんなマネージャーが会場にいたようで「そこでニコニコしてますけど、いつもありがとね」と声をかけた。

◆「おいハンサム!!」印象に残っているシーンは?

さらに、父・伊藤源太郎が言ったハンサムな名言の中で、印象に残っているものを聞かれると、木南は「シーズン1で、いい変と悪い変があって、治る変、治らない変、治したほうがいい変、治さないで大切にしたい変、変にも色々あるという話があって、それは“なるほど!”と思って、正しさを求めてしまいがちなんだけど、正しいだけじゃない愛おしい変や、大切にしたい変なことってたくさんあるよなと思って、そういう小さな変が人生をおかしくしてくれるのかもしれないと思うと、そういうことを大切にしていきたいなと思いました」と答え、佐久間は「シーズン1で、やり残しがある人生こそ素晴らしい人生だという言葉が心に残っていて、日常生きていても、これやり残しているなとか、これやりたかったなって思うことってネガティブな気持ちになりがちですけど、やりたいことがあるというのは豊かなことだし、考え方の変換でポジティブに捉えられるって素敵なことだなと思って印象に残っています」とコメント。

武田は「選択肢のお話があったと思うんですけど、私も優柔不断で迷うことが多いので、迷ったときに正しいこととか間違っていることを見極めるんじゃなくて、自分が何がしたいのかを考えるってお父さんが言っていて、確かにその通りだなってハッとさせられましたね。その言葉を持って生きていこうと思いました」と目を輝かせ、MEGUMIは「シーズン2だったと思いますが、会いたい人には会いに行ったり、連絡をしなきゃなと思っている人にはちゃんとしなさいと。人っていつか人生が終わっちゃうから、思ったときにそういうことってできなかったりして、また今度でいいやとか、そういうことばかりやっていると後悔がついてくるんだなと思って、今でも心の中に大きく留めています」と吐露。4人のコメントを聞いた吉田は「今日はリモートで距離があって、生身の娘たちや妻に会ってないからかもしれないですけど、本当の娘のような、本当の奥さんのような気がしました」と語った。

◆吉田鋼太郎主演「おいハンサム!!」

本作は、吉田演じる父・伊藤源太郎と、幸せを求め人生に迷う三姉妹、長女・由香(木南)、次女・里香(佐久間)、三女・美香(武田)、そして全てを包み込み時にあっさり受け流すマイペースな母・千鶴(MEGUMI)の伊藤家5人が織り成す「恋」と「家族」と「ゴハン」をめぐる新感覚コメディだ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 俳優陣の出演料をロケ弁代に周せば、豪華になる。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(113件)

ニュース設定