元人気子役、引退後にホームレス生活 「“普通”を教えてくれる環境が必要」と訴え

0

2024年06月21日 22:10  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

20日放送の『ABEMA Prime』より (C)AbemaTV
 お笑いコンビ・EXITがMCを務める『ABEMA Prime』が20日に放送。この日の放送では、「子役」と「いじめっ子」のその後の人生に注目した。

【写真】さんま、『あっぱれさんま大先生』卒業生たちと27年ぶりに再会!

 元子役で、平成の人気番組『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)の第1期生のレギュラーとして、「かなちゃん」の愛称で親しまれた中武佳奈子さんがゲスト出演。当時を振り返り、「電車に乗れないくらい自分の顔が知れ渡っていた」と話した。

 一方で、その後の生活については、「年齢を重ねても食べていけるくらいの仕事量はあったが、ある時を境にそれがなくなった。同時に事務所と方向性が合わなくなっていき、結婚を理由にして芸能界を引退した」と明かした。続けて、「芸能界で売れなくなったことや、引退した自分を受け入れることができず、『芸能界にいたことは恥』と思うようになり、過去を隠すようになった。そのため、仕事を探す時にも履歴書が書けず、空白だらけで定職に就けなかった」と語り、ホームレス生活を経験したことも打ち明けた。

 また、中武さんは「“普通の暮らし”を知った上で、キラキラした世界を知ることが大事。子どもは何も分からないからキラキラした生活に勘違いしてしまうし、親も子役と同じくらいチヤホヤされて、平凡な生活に戻れなくなってしまう。私の場合は引退と同時に親と縁が切れた。だからこそ、“普通”を教えてくれる環境が絶対に必要」と訴えた。

 この話を受けて、番組MCを務めるお笑いコンビ・EXITのりんたろー。は「僕は売れていない時期が長かったから、すぐに売れた芸人との価値観の違いを感じた。中武さんの言う通り、普通を知ることは大切だと思う」とコメント。相方の兼近大樹も「すごく刺さりました。僕も大人になってから、普通や平凡な生活の素晴らしさを知った。お笑い芸人は、普通からズレたことで笑いをとれるから、それを知ることは大事。いまだに僕は普通を勉強している日々です」と話ていた。

 『ABEMA Prime』はABEMAにて毎週月曜から金曜21時放送。
    ニュース設定