カブス・今永昇太、自身ワースト3被弾含む11安打10失点の大炎上で今季2敗目 鈴木誠也は2戦連続ノーヒット

23

2024年06月22日 06:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

今季2敗目を喫した今永昇太
● カブス 1−11 メッツ ○
<現地時間6月21日 リグリー・フィールド>

 シカゴ・カブスが2桁失点の大敗で10連戦をスタート。先発した今永昇太投手(30)は4回途中10失点の大炎上で敗戦投手となった。

 今永は初回、二塁打と四球で無死一、二塁のピンチを招くと3番マルティネスに9号先制3ランを被弾。続く2回表には先頭打者アルバレスに2号ソロを浴び、さらに二死一塁から2番ニモに10号2ラン。今季ワーストの3被弾を喫した。

 3回表にも8番イグレシアスの適時打で失点。4回表には先頭打者から連打でピンチを迎え、3番マルティネスに適時打を打たれたところで降板。2番手ヘイデン・ウェスネスキが2人の走者を生還させ、今永に10失点目が記録。序盤に大量ビハインドとなったカブスは連勝ストップ。借金4となった。

 この試合の今永は3回0/3、74球を投げて11安打、1四球、3奪三振、10失点という内容。今季最多の被安打と失点を記録し、最短イニングでノックアウト。今季2敗目を喫し、防御率は試合前時点の「1.89」から「2.96」に悪化した。

 また、鈴木誠也は「2番・右翼手」でフル出場し、2打数無安打、2四死球、1三振という内容。9試合連続出塁をマークしたが、2試合続けて無安打に終わり今季成績は打率.264、OPS.787となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • こういうのがあるから横浜時代もあんま貯金ができんかった投手。良くも悪くも馴染めてるやん!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定