YOSHIKI、子どもたちのプロ級アートにうなる「天才ですね!」「カルチャーショック」

1

2024年06月22日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

22日放送『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』より(C)テレビ朝日
 X JAPANのYOSHIKIが、きょう22日放送のテレビ朝日系『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(毎週土曜 後6:56)に出演する。

【番組カット】子どもたちのプロ顔負けアートに驚くYOSHIKI

 今回は『世界的アーティスト・YOSHIKIに見てほしい! 世界が絶賛する博士ちゃんアート作品SP!』として、プロ顔負けの才能を持つアート博士ちゃんたちによる、芸術発表会を届ける。

 小学6年生の黒田創くん(11歳)は、いくつものルービックキューブの柄を組み合わせてアート作品を作る“キューブアート博士ちゃん”。前回登場した際には、サンドウィッチマン・伊達みきおを描いた巨大キューブアートを完成させて話題となった。今回は、過去最大にして最難関のアート作りに挑戦。制作期間2週間、1600個超のキューブを使って作り出す超巨大作品を披露する。

 中学2年生の塩見瑛太郎くん(13歳)は、折り紙を作るための設計図“展開図”を頭の中で考えてあらゆる造形物を作り上げちゃう“折り紙展開図博士ちゃん”。そのアート作品をSNSにアップしたところ、世界中から称賛の声が寄せられ、13万いいねを獲得した。緻密な展開図とそこから出来上がった折り紙を見たYOSHIKIは思わず「天才ですね!」とうなるが、そんな瑛太郎くんが渾身&超難解な新作を披露。そしてYOSHIKIも折り紙アートに仕上げており、YOSHIKIは「光栄です。自分が折り紙になる日が(来るとは)…!」と驚くほど。

 そして、“巨大折り紙博士ちゃん”辻合うらくん(11歳)も初登場。通常の60倍の巨大折り紙で、6時間かけて作った渾身の作品を披露する。子どもたちのアートに触れたYOSHIKIは「カルチャーショックというか…!純粋な発想で芸術に向かっている彼らの姿に、自分も学ぶことがたくさんあるなと思いました」と感動しきりだった。

このニュースに関するつぶやき

  • 思考盗聴が長くてしんどいよ、テレビも観られずしんどいよ
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定