【虎に翼 第61話あらすじ】寅子、特例判事補になる

2

2024年06月22日 08:19  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

伊藤沙莉「虎に翼」第61話(C)NHK
【モデルプレス=2024/06/22】女優の伊藤沙莉が主演を務める連続テレビ小説『虎に翼』(NHK総合・毎週月〜土あさ8時〜ほか)の第61話が、6月24日に放送される。

【写真】「虎に翼」家庭裁判所に相談にきた梅子

◆伊藤沙莉ヒロイン朝ドラ「虎に翼」

第110作目の連続テレビ小説となる本作は、日本初の女性弁護士である三淵嘉子(みぶち・よしこ)さんをモデルに描くリーガルエンターテインメント。主人公の猪爪寅子(いのつめ・ともこ)、通称・トラコを伊藤が演じる。

◆「虎に翼」第61話/6月24日(月)放送

寅子(伊藤沙莉)は「特例判事補」になり仕事が増えて大忙し。多岐川(滝藤賢一)は家庭裁判所の存在を広く知ってもらうために「愛のコンサート」を開くと言い出し、出演歌手の交渉を寅子に任せる。

ある日、家庭裁判所の当番を担当した寅子の元にやってきた女性・元山すみれ(武田梨奈)の相談は、寅子のよく知る人物の家庭に関わるものだった。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • そう言えば、テレビ報道を観ていると、女性の裁判官が増えたなぁって思う。実は、元々女性の裁判官って少なくなかったのかな?それとも、増えて来たのかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定