サヨナラのホームインを許したDeNA・度会隆輝の送球に坂口智隆氏「飛んでくる前に頭をしっかり整理して」とアドバイス

1

2024年06月22日 08:21  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

DeNA・度会隆輝 (C)Kyodo News
◆ 「これをアウトにできるようになったら…」

 DeNAが阪神にサヨナラ負け。交流戦後半から続いていた連勝は7でストップとなった。

 両軍の先発がしっかりと試合を作り、後を継いだリリーフ陣も熱投を披露。お互い譲らずスコアレスの締まったゲームとなったが、最後は4番手のローワン・ウィックが伏兵の小幡竜平にサヨナラ打を浴び、力尽きた。

 21日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』ではMCの谷繁元信氏が「ひとつ気になったところがある」と決勝のホームインを許した度会隆輝の守備に対し「送球がちょっと高いじゃないですか。キャッチャーへもちょっと中途半端な送球になっているんです」とショートバウンドになってしまったと指摘。さらに「やっぱりこれをアウトにできるようになったら、さらに度会という選手が評価されると思うんですよね」とコメントした。

 解説として出演した坂口智隆氏も「やっぱり逸れる方向をまず考える。走者が来る方にボールを逸らしてあげると言うか、追いタッチにならないようにワンバンでちゃんと投げるようにと。芝生のグラウンドなんで難しいプレーではあるんですけども、サヨナラを防ぐために前に来てるので、まず飛んでくる前に頭をしっかり整理してやれば、もっともっといい選手になっていくのかなと思いますよね」と所々かばいながらも、自らも外野手だった経験を元にアドバイスしていた。

 この日で連続打点は6で途絶えたが、3打数3安打1四球と打撃では猛アピールを続けている度会隆輝。守備や走塁での成長も、プロの世界では必要になってくる。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定