カンテレ『マルコポロリ!』にMBS武川智美アナ登場へ “関西芸人界のフィクサー”メッセあいはら緊急SP

0

2024年06月22日 08:24  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

23日放送『マルコポロリ!』より(C)カンテレ
 お笑い芸人・東野幸治がMCを務めるカンテレお笑いワイドショー マルコポロリ!』(毎週日曜 後0:59 ※関西ローカル)あす23日放送回は、95分緊急拡大スペシャルで「メッセンジャーあいはら被害者の会」を届ける。

【写真】天使か悪魔か?“関西芸人界のフィクサー”メッセンジャーあいはら

 同番組スタート以来18年、名バイプレイヤーとして番組を支え、独特の存在感を放ってきたメッセンジャー・あいはら雅一に被害を受けているという仲間たちがスタジオに集結する。

 あいはらは、1991年に相方の黒田有とメッセンジャーを結成し、今年で芸歴34年目。仲間思いの人格者として多くの芸人たちに慕われる一方、情け容赦なく相手の心をえぐる悪口のキレはピカイチ。天使か?それとも悪魔か?謎に包まれた“関西芸人界のフィクサー”のすべてが明らかになる。

 スタジオには、桂三度、ケンドーコバヤシ、スーパーマラドーナ・田中一彦、女と男・市川、吉本新喜劇の今別府直之がそろう。

 元ジャリズムの三度は、NSCでメッセンジャーと同期。黒田とはすぐに親しくなったが、あいはらは「黒田と仲良くしてるやつとは仲良くできるわけがない」と三度を敬遠。しかしそんなあいはらが一転、三度と大の仲よしになるきっかけを作った“2000円事件”とは。

  1期下のケンコバは、若手のころに垣間見たあいはらの“狂気”を激白する。若い女性ファンに人気がなさすぎた当時のケンコバ。ある時期、舞台に出ると観客から「帰れ」コールが起こるというお約束のノリに悩まされていたという。そんななか、客を叱ってコールを止めてくれたのが、ほかでもないあいはらだったが…。美談にも思えるこのエピソードに隠された、理解しがたいあいはらの行動にスタジオは騒然となる。

 一方、あいはらを慕う後輩軍団「パラ軍団」の市川や今別府も被害を告発するが、あまりのポンコツぶりで、企画が崩壊する危機に。さらに、ラジオ番組であいはらと長年タッグを組んでいるMBS・武川智美アナウンサーが、局の垣根を越えてVTRコメントを寄せ、どうしても訴えたい被害をポロリする。

 そうした中、あいはらと番組MC・東野との関係もひもとかれる。三度を交えて東野と食事をすることになり、あいはらは東野が好みそうなヘビーなゴシップネタを大量に仕込んで会食に臨んだが、東野は無反応。東野の口から放たれたまさかの衝撃の事実にあいはら撃沈…。スタッフが放送開始からの全放送回をチェックした、“メッセンジャーあいはら18年の珠玉のいじわる集”も必見。

■MC:東野幸治、中島めぐみ(カンテレアナウンサー)
■ゲストパネラー:メッセンジャーあいはら、桂三度、ケンドーコバヤシ、田中一彦(スーパーマラドーナ)、市川(女と男)、今別府直之
■芸人リポーター:ほんこん、月亭方正、シャンプーハット、月亭八光、ドーナツ・ピーナツ

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定