サッカー日本代表の新作ユニホームは「Y-3」とのコラボ パリコレでお披露目

1

2024年06月22日 09:10  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com


久保建英選手

Image by: adidas is the official supplier of the Japan National Team
 アディダス ジャパンと日本サッカー協会が、サッカー日本代表の新作ユニホームを発表した。日本代表のユニホームは、1999年にアディダスと日本サッカー協会の間でオフィシャルサプライヤー契約が締結されて以降、定期的に刷新されるのが通例で、今回が約2年ぶり14作目。7月に開催を控える「パリ2024夏期オリンピック・パラリンピック競技大会」などで着用される。

 今作では、アディダスと山本耀司デザイナーの協業ブランド「ワイスリー(Y-3)」を迎えた史上初のコラボレーションが実現し、「ワイスリー」がパリファッションウィーク中の6月21日にパリ8区のコンサートホール「サル・プレイエル(Salle Pleyel)」で開催した2025年春夏コレクション内でお披露目。ベルギーのシント=トロイデンVVに所属する藤田譲瑠チマ選手がホームユニホームを、イングランドのリヴァプールFCウィメンに所属する長野風花選手がアウェイユニホームを着用してランウェイに登場した。
 デザインテーマは“FIRE(炎)”で、ホームユニホームは完全燃焼をいとわないサッカー日本代表のプレースタイルに着想し、ダークネイビーをベースに燃焼温度が高い“青い炎”のグラフィックを全面にプリント。いくつもの小さな炎が大きな青い火柱を上げるグラフィックで、チームがひとつになった瞬間に力を発揮する日本代表を表現しているそうだ。また、胸の中央部分には「ワイスリー」のロゴと共に日本サッカー協会(JFA)のエンブレムが、初めて中央揃いであしらわれている。
 一方、アウェイユニホームは日本国旗を彷彿とさせるホワイトベースに“赤い炎”のグラフィックを採用。中央に余白を残して右側にのみ火柱を落とし込むことで、「ヨウジヤマモト」らしいアシンメトリーなデザインを体現しながら、選手たちの溌溂としたプレーも表しているという。
 「ワイスリー」のコレクション会場には、JFAの宮本恒靖会長も駆け付け、「パリコレの舞台で代表ユニホームを発表するのは、前例のないとてもユニークなこと。実際、ユニホームがランウエイに登場した時には、来場者が一斉にカメラを向けていたことからもインパクトの強さが分かりましたし、ファッション的な着こなしを見てスポーツを超えるものになると感じました」とコメント。続けて、「『ワイスリー』とコラボすることで、『ユニホームがかっこいいよね』といった入口からサッカーを好きになってくださる方もいると思います。多くの方々が着用するユニホームになり、そこに勝利というストーリーが加われば、炎のうねりはさらに大きくなるはずなので、着用する選手たちには頑張ってほしいですね。サッカーを皆さんに知ってもらいたい、愛してもらいたいと願う中で、『ワイスリー』を通じて魅力が伝われば嬉しいです」と意気込みを見せた。
 また、モデルとしてランウェイを歩いた藤田選手は、「緊張と一緒に楽しさもあって、もし次もあるのであればまた歩きたいと思いますが、やっぱりモデルの方々と比べると素人なので、もっと歩き方を上手くなりたいですね」と振り返り、ユニホームについては「今まで見たことがないデザインだったので、 最初は斬新だと驚きました。トップスとパンツのサイドが、流線型のラインで繋がっているのがカッコいいと思います」とコメント。長野選手も「これまで以上にすごくスタイリッシュな感じで、初めて見た時から素直にカッコいいと思いましたし、ホームユニホームの色が気に入っています。『ワイスリー』にはクールなイメージを持っていたので、コラボユニホームを着るのが楽しみです」と笑顔を見せた。

 ユニホームの販売は、6月22日からアディダス ジャパンの公式オンラインストアと公式アプリ、直営店、「ワイスリー」の公式オンラインストアと直営店、一部取扱店舗で先行販売を開始し、7月1日に一般発売を開始する。価格は、オーセンティックユニホーム(半袖)が税込1万8700円、オーセンティックユニホーム(長袖)が税込1万9800円、レプリカユニホームが税込1万3200円、レプリカユニホームのキッズサイズが税込1万450円だ。また、ユニホームとあわせてアンセムジャケットやプレマッチシャツなどからなる「サッカー日本代表 2024 カルチャーウェア コレクション」も同時に展開する。
Riku Ogawa () エディター&ライター WWDとHYPEBEAST出身でプレミアリーグのアーセナルを応援する、食道楽のエディター&ライター。お仕事のご連絡は各種SNSのDMまで。
ニュース設定