【細かすぎて】山本高広『アンチヒーロー』の野村萬斎を熱演

2

2024年06月22日 21:31  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』の模様(C)フジテレビ
 フジテレビ系バラエティー『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』が、22日に放送(後9:00)。山本高広は、TBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(毎週日曜 後9:00)での「なかなか目を開けてくれず、最後は笑いでごまかす野村萬斎」を披露して沸かせた。

【写真】たしかに!絶妙な笑みを浮かべる『アンチヒーロー』での野村萬斎

 同番組は、あまりに“細かすぎる”故に、笑いにはなりにくいと思われてきたマニアックなモノマネや、アンダーグラウンドな芸にも光を当て、幅広くお笑い芸人、モノマネ芸人の登竜門ともいえる存在となった。プロ・アマ問わず挑戦ができることから、数多くの新しい人気芸人を輩出してきたコーナーとして、多くの人々の記憶に残るものとなっている。また、番組独自の「ネタ終了間際にステージが割れ、芸人が足元から落下して消えていく」という画期的なシステムは、モノマネ芸の新しい楽しみ方をテレビにもたらした。

 今回も、おなじみのベテランモノマネ芸人から規格外の新人たちが、過酷な全国一大オーディションを勝ち上がってきた。常連組が安定した“鉄板”芸を見せる一方で、初登場の新人がまったく予想もつかないシュールなモノマネを展開するなど爆笑の連続。果たして、見事ファイナリストに残り、優勝の栄冠を勝ち取るのは、円熟のベテラン芸人か。それとも、令和の時代に新しい笑いを生み出すニューカマーか。

 とんねるず・石橋貴明、アンタッチャブル(柴田英嗣・山崎弘也)と、ゲストの山下智久、満島ひかりが見守った。
    ニュース設定