カブス・鈴木誠也がチームを快勝に導く先制適時打 4試合ぶりのマルチ安打&今季7個目盗塁もマーク

6

2024年06月23日 06:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

先制適時打を放った鈴木誠也
○ カブス 8−1 メッツ ●
<現地時間6月22日 リグリー・フィールド>

 シカゴ・カブスが投打噛み合って快勝。鈴木誠也外野手(29)は「4番・指名打者」でフル出場し、先制適時打を含むマルチ安打を記録した。

 カブスは初回、2四球で一死一、二塁のチャンスを作ると、鈴木が左前適時打を放って先制。続くイアン・ハップの内野ゴロの間に追加点を挙げ、さらにクリストファー・モレル、ダンズビー・スワンソン、ピート・クロー・アームストロングが三者連続適時打。いきなり5点のリードを奪った。

 その後も打線はモレルの14号ソロなど追加点を重ね、投げては先発ジャーメソン・タイロンが7回1失点、無四球、10奪三振の好投で今季4勝目。カブスは借金を3に減らした。

 この試合の鈴木は4打数2安打、1打点、2三振、1盗塁という内容で10試合連続出塁をマーク。初回の先制打で3試合ぶり安打、4試合ぶりの打点を記録し、今季成績は打率.269、OPS.796となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • カープカムバッグ!!貧打を救ってくれ(T_T)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定