SNSで「処女卒業をお手伝いします」悪質すぎる男の手口。無理やりな性行為で妊娠、勝手に動画の撮影も…男を直撃

15

2024年06月23日 16:20  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

半ば強引にホテルに誘い込もうとするC
 処女卒業を“お手伝い”するという名目で利用者を募る「処女卒業サポート」アカウント。しかし、利用女性からはレイプ被害などの被害報告も。真相を確かめるべく、アカウント運営者を直撃取材!
◆「処女の助けになりたい」投稿する男に会ってみた

「なんで、あんな見ず知らずの男に処女を捧げてしまったのか。本当に後悔しています」そう嘆くのは、都内在住の会社員、Aさん(24歳)だ。男性経験のない女性に向けて「処女卒業を手助けする」と謳う、処女卒業サポートアカウント。Aさんもその利用者の一人だった。

「アイコンは若いイケメンのイラストでしたが、実際に現れたのは、50歳前後の男性。『話を聞くだけだから』とホテルに連れていかれ、その後は無理やり……」

 初めての性体験でトラウマを負ったというAさん。同じく、被害を受けたと証言する女性たちが増えている。

「SNSに処女卒で被害を受けたと投稿したら、たくさん連絡があってなかには妊娠したり、勝手に動画を撮られてSNSにアップされた女性もいました」

 うぶな女性につけ込む悪徳アカウント。一体どんな人物が運営しているのか、女性記者が実際に会ってみた。

 Xで検索すると、すぐに「優しいHで処女の卒業をサポート」と語るアカウントを発見。アイコンはスラリとしたスーツ姿の男性の写真だ。

 なんと、フォローして5分もたたずに向こうから「お悩みがあれば聞きますよ」とDMが来た。記者が返信すると、都内から2時間近くかかる北関東の駅を指定される。直接ホテルは怖いと伝えると、事前にLINEで通話をすることになった。

◆「ナマだと痛くない」避妊なしの性行為に誘導

「自慰の経験はある? 最初だと緊張するよね」

 子どもを諭すように、優しげな声音で語りかける男性。記者がDMでやりとりをした男・Bは、電話口で38歳の個人事業主だと名乗った。

 なぜ処女卒アカウントを運営しているのか尋ねると「AVのように欲望をぶつけるのではなく、優しい性行為で処女を“サポート”したいから」などとのたまう。さらにサポートの内容を聞いていくと……。

「ゴムは異物感があるからナマのほうが絶対痛くないよね。中に出さなければ、ナマでもほとんど妊娠はしないんだよ」

 こちらが性に疎い年下の女性であることをいいことにコンドーム着用を拒否。この調子で一体どれだけの処女を騙してきたのか?

「20人くらいかな。17歳のコが相談にきたこともあって、さすがに挿入はできないから車内で途中までしてあげた」

 Bはあっさり未成年淫行の過去まで告白した。性病検査の結果を見せるように言えば、「なくした」とかわされる。

「そもそも、処女としかやってないから性病になりようがないし。安心して!」

◆「処女厨じゃない」頑なに主張する男

 次に接触を図ったのは、可愛らしい小動物のアイコンを使い「今回も大成功のサポートとなりました!」などと投稿していた男性C。こちらもすぐに返信が来た。盛んにホテルに行こうと誘うので記者が「その前にカフェでお茶をしたい」と希望しても「案内するホテルは落ち着いた綺麗な部屋だから、そこで“カウンセリング”します」と強引だ。彼とも事前に通話をしてみた。

 はたして、電話口に出たのは、Bとは異なり、早口でぶっきらぼうな口調の男だ。

「これまで100〜200人ほどの処女の方をサポートしてきた」と、驚愕の経験人数を語り「けっして処女厨ではないから安心して」などと言う。そんなCとひとまず会ってみることにした。

 翌日、指定された都内の駅で待っていると身長170僂曚匹良當迷侶繊▲轡鵐廛襪壁装の男がスタスタとこちらへ向かってきた。記者と落ち合うと、雑談ひとつなく、ホテルへと向かい始める記者を置いて足早で歩く様子は、とても女性慣れしているとは思えない。

◆男性記者が声をかけてみたところ……

 5分後、ホテルに到着。ロビーで「まだ怖いから、もう少し時間が欲しい」と訴えても、「部屋でゆっくりカウンセリングしていきましょう」と引く気配はない。そんな押し問答を10ターンほど続けるうちに、ホテル側から「すぐに入らないならキャンセルを」と言われ、一度外に。そこで、外で待機していた別の男性記者が声をかけた。

「すみません、週刊誌の記者の者なのですが……」
「えっ記者? 一緒にいた女のコも? えっじゃあ、あのコは処女じゃないんですか?」

 男性記者が取材を申し込むも、結局は逃げるように立ち去っていった。

「“処女を助けたい”と言いながらも大半はやましいヤリモク男。利用して後悔している女子がほとんどです」と注意喚起するのは、冒頭にも登場したAさん。

 被害女性が増えないことを切に願う。

取材・文・撮影/週刊SPA!編集部

―[[処女卒業させます]男の悪徳手口]―

このニュースに関するつぶやき

  • こういうのに「美人局やるガキども」をぶつければいいことだらけなのに・・・。で、集まったとこを全部まとめて埋却処分。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

前日のランキングへ

ニュース設定