ブルージェイズの有望株内野手がドーピング違反で出場停止 前日の試合でデビュー&初安打マーク

0

2024年06月24日 04:52  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

出場停止処分を受けたオレルビス・マルティネス
◆ ブルージェイズの有望株内野手がドーピング違反

 現地時間23日、MLB機構はドーピング違反によりトロント・ブルージェイズのオレルビス・マルティネス内野手(22)に対して80試合の出場停止処分を科したことを発表した。

 マルティネスは球団内2位有望株の高評価を受けている強打の内野手。今季は3Aバッファローで63試合に出場し、打率.260、16本塁打、OPS.866という好成績をマーク。現地時間18日からメジャーに昇格し、同21日のガーディアンズ戦で初出場。デビュー戦で初安打も記録していた。

 公式声明によると、マルティネスはオフシーズン中に母国・ドミニカ共和国の医師から処方された不妊治療薬を服用しており、それがブルージェイズに合流する前の検査でパフォーマンス向上薬物として陽性反応。現地時間22日の試合後に検査結果が明らかとなり、球団へ通告された。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定