24日 朝から30℃超えが続出 急な暑さで熱中症のリスク高まる 東京は「危険」

29

2024年06月24日 10:24  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

24日 朝から30℃超えが続出 急な暑さで熱中症のリスク高まる 東京は「危険」

今日24日は、梅雨の晴れ間となっている東海や関東甲信などで、気温がグングン上昇。朝から気温が30℃を超える所が続出。熱中症情報では、那覇と東京で「危険」。エアコンの使用など、熱中症対策が必須。



●本州で今年初 茨城県で熱中症警戒アラート


今日24日は、日差しと暖かい空気の流れこみで、東海や関東甲信を中心に気温がグングン上がっています。午前10時までの最高気温は、静岡市で33.9℃、山梨県大月市で32.7℃、東京都心で30.3℃と、すでに真夏日となっています。

熱中症情報では、那覇と東京で一番上のランク「危険」、鹿児島や大阪、名古屋、仙台などで「厳重警戒」です。また、沖縄県の八重山地方と鹿児島県、茨城県に熱中症警戒アラートが発表されています。奄美地方を除く鹿児島県と茨城県で熱中症警戒アラートが発表されるのは、今年初めてのことです。


●静岡・前橋などで猛暑日予想


今日24日の最高気温は、静岡で35℃、熊谷と前橋で36℃と、猛暑日の予想です。甲府と水戸で34℃、東京都心や横浜は33℃、名古屋は32℃と、真夏のような暑さになるでしょう。

昨日23日より、10℃以上高い所もあり、熱中症にかかるリスクが高くなります。また夜になっても、25℃以上で経過する所が多く、暑さを感じる時間が長いでしょう。

熱中症にならないよう、こまめに水分をとり、適度に塩分もとるよう心がけてください。また、エアコンを使って、部屋を涼しくするなど、対策が必要です。


●熱中症の応急処置


熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。

衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。

水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。

ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。


このニュースに関するつぶやき

  • 気温はどうでも良いの。この程度でも平気だけど、湿度が60%超えるなよ!そっちが問題。カラッと暑いなら寧ろ嬉しいよ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

前日のランキングへ

ニュース設定