元子役スター・斉藤こず恵、1200万円だまし取られた過去 コロナ前には家族が“リカバリー詐欺”に遭い「お家がなくなりました」

0

2024年06月24日 14:23  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

フジテレビ(C)ORICON NewS inc.
 元子役スターの斉藤こず恵(56)が、24日放送のフジテレビ系『ぽかぽか』(前11:50)に出演。

【写真あり】近影!『ぽかぽか』に出演した斉藤こず恵

 「すぐにダマされちゃうっぽい」との質問に「◯」を上げた斉藤は「ダマされちゃう。『親が大変なんだ』とか言われると、すぐ…。その当時、芸能界はバブルだから、そうなんだ大変だねって、お金を貸してあげて。そうしたら、今度は、その子が『家業を継ぐことになって、なんとか…』って言って、結局1200万円くらい…。返ってこない状態です」と衝撃の告白。

 スタジオが驚きの声に包まれる中、斉藤は「最近、母とか家族が後継人詐欺みたいなのに遭って、助けに来てくれた弁護士さんが、さらに“リカバリー詐欺”だったっていう。お家がなくなりました」と打ち明けた。

 番組では、斉藤の詐欺被害をまとめたフリップが登場し「知人に総額1200万円をだまし取られる」「悪い弁護士に自宅を勝手に売られた」とのエピソードが。斉藤は「自宅を売られた」話について「まず、後継人とか、ファイナンシャルプランナーにお金の管理を全部任せていたんですけど、結局、何もしてくれていなくて、全部懐に入れていて。気付いたときには、いろんなことが起きていて、家を売らないといけない状況になっていたみたい。その書類も隠されていたんですよ。最近です。コロナ前です」と淡々と語っていった。

 さらに「そこに助けに来てくれた弁護士さんもグルだった。リカバリー詐欺っていうんですって」と話し、ハライチ・澤部佑も「なんですか、リカバリー詐欺って!リカバリーって、いい言葉なのに」と憤っていた。
    ニュース設定