=LOVE新曲「絶対アイドル辞めないで」が話題 佐々木舞香の復帰との親和性・ファン目線の歌詞に「オタクの総意」「指原莉乃天才」の声

16

2024年06月25日 18:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

=LOVE「絶対アイドル辞めないで」MVサムネイル(提供画像)
【モデルプレス=2024/06/25】指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)の17thシングル「絶対アイドル辞めないで」(7月31日発売)のMVが、6月22日に公開された。アイドルファンの気持ちを表現した歌詞がSNS上で話題になっている。

【写真】=LOVE佐々木舞香、美背中ちら見せ

◆=LOVE 佐々木舞香「絶対アイドル辞めないで」で活動復帰

6月22日にグループ公式YouTubeにて公開された同曲。センターは、体調不良が続き5月28日から活動休止をしていた佐々木舞香が務めている。

佐々木は同日MV公開直前に復帰が発表された。グループ随一の歌唱力を誇り「声が出る限り歌う」と話していた佐々木。このタイミングでの「絶対アイドル辞めないで」というタイトルや「絶対君は歌ってて」という歌詞に、「泣いた」「舞香へのラブソングじゃん」と親和性の高さに驚く声が寄せられた。

◆=LOVE「絶対アイドル辞めないで」歌詞が話題

ファンの目線でアイドルへの思いを歌った同曲。「好きな人がいるのなら 内緒にして ねえ 神様は将来と指輪をどこかに隠してね」といつか訪れるかもしれない結婚や引退への悲痛な思いや「君の努力、私の愛成り立つこの関係」とアイドルとファンの関係性を表す少し残酷とも言える歌詞に、=LOVEのファンのみならずアイドルを応援する多くの人の間で話題に。アイドルが永遠ではないことを理解し「これは報われないおとぎ話」としつつも「恋よりももっと好きだ 魔法よどうか解けないままで」とファンの心の内を表現し、SNS上では「オタクの総意」「指原莉乃天才」「刺さりまくる」という声が寄せられている。

作詞を務めた指原は「自分の中のアイドルオタクを呼び起こして書きました!」とし、「男性グループでも女性グループでも、アイドル好きな方にぜひ聴いて頂きたいです」とアイドルファンに呼びかけた。

◆=LOVE、AKB48、つばきファクトリー…グループごとの対比に注目

また、他の女性アイドルグループの楽曲との対比にも注目が。秋元康が手掛けるAKB48の62ndシングル「アイドルなんかじゃなかったら」(2023)では、自由に恋愛できる“普通の子”に憧れながらもアイドルを卒業するまでは「誰も好きにならない」というアイドル目線の決意が書かれているほか、つんく♂が手掛けるハロー!プロジェクトのつばきファクトリーは9thシングル「アイドル天職音頭」(2022)で明るい曲調に乗せてアイドルの思いや働く人への応援を歌っている。作詞家や歌っているアイドルによって「アイドル」の表現方法が違うのも興味深いポイントになっている。

◆=LOVE、自身最速でMV100万回再生突破

男女7人組ダンス&ボーカルグループGENICのメンバー・小池竜暉が作曲に携わっていることも話題に。他にも、MV内のメンバーごとの「花びらの扱い方」がそれぞれ個性が出ていることも関心を集め、グループ史上最速の公開から30時間で100万回再生を突破。現在も再生数や高評価数は伸び続けている。(modelpress編集部)


動画を別画面で再生する



【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

ニュース設定