最低賃金、最大上げ幅へ調整=物価高・春闘踏まえ協議開始―厚労省

3

2024年06月25日 21:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

中央最低賃金審議会の藤村博之会長(右)に諮問文を手渡す武見敬三厚生労働相=25日午前、厚労省
 厚生労働省は25日、中央最低賃金審議会(厚労相の諮問機関)を開き、2024年度の最低賃金引き上げ額の「目安」について協議を始めた。物価高や人手不足が続いており、過去最大の43円増を実現した前年度を上回る引き上げを視野に、労使らが調整する。審議会は歴史的な大幅賃上げで決着した今春闘の流れも踏まえ、7月下旬にも議論をまとめる。

 現在の最低賃金は全国平均で時給1004円。前年度の改定により、初めて1000円の大台を超えた。岸田政権は30年代半ばまでに1500円へ引き上げる目標を新たに掲げ、早期の達成を目指している。

 中央審議会の冒頭、武見敬三厚労相は「賃上げの流れを非正規雇用労働者や、労働者の7割が働く中小企業にも波及させていくには、最低賃金による底上げが必要だ」と訴えた。その上で、「物価を上回る賃金の上昇を実現していかなければいけない」と強調した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 最低賃金を上げれば、それまで生活に汲々としていた人が物を買えるようになる。それがきっかけで経済が回り始めれば、我々の賃金も上がる。物価も上がるから、バランスは大事だが・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定