中日が阪神との接戦制す 小笠原7回0封で3勝目、板山V打&古巣相手に猛打賞

7

2024年06月25日 21:02  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

中日・板山祐太郎
● 阪神 0 − 1 中日 ○
<10回戦・倉敷>

 中日は1−0の完封勝利で2連勝。借金は「4」となり、同率で並んでいたヤクルトをかわし単独5位に浮上した。

 先発の小笠原は立ち上がりから安定。4回は結果的に3安打を集中されたが、4番・大山を遊ゴロ併殺に仕留めるなど要所を締めた。5回以降はヒットを許さず7回まで無失点。粘り強く打線の援護を待った。

 打線は阪神先発・才木に7回まで無得点に封じられたものの、0−0のまま迎えた8回は二死から2番・田中が右翼線突破の三塁打で出塁。二死三塁ですでにマルチ安打をマークしていた3番・板山が、古巣相手に猛打賞となる決勝適時打を右前へ弾き返した。

 救援陣は1点リードに変わった8回から松山、マルティネスが1イニングずつ無失点。完封リレーで接戦を制し、小笠原は3勝目(6敗)、マルティネスはリーグトップを更新する23セーブ目(0勝2敗)をマークした。

このニュースに関するつぶやき

  • 阪神ファンですが、阪神の連覇の芽がなくなった今となってはこの度の板山さんの活躍はうれしくて仕方ない
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定