真島ヒロ、デビューから26年間一度も休載なし 『EDENS ZERO』完結で連載6年に幕!来週号に『FAIRY TAIL』読切掲載

108

2024年06月26日 00:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

漫画『EDENS ZERO』完結=『週刊少年マガジン』掲載のカラーイラスト
 漫画『EDENS ZERO』(作者:真島ヒロ)が、26日発売の連載誌『週刊少年マガジン』30号にて最終回(293話)を迎えた。2018年6月の連載スタートから6年の歴史に幕を下ろした。真島氏はデビューから26年の間、同時連載も抱えながら一度も休載なしで、今回も『EDENS ZERO』を毎週読者に物語を提供し続けていた。なお、7月3日発売の同誌31号では、代表作『FAIRY TAIL』の特別読切が2017年の完結以来、7年ぶりに掲載される。

【写真】47歳に見えない!若々しい真島ヒロ 完結記念で『はじめの一歩』作者と2ショット

 真島氏は現在47歳で、1998年に『MAGICIAN』で第60回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選し、『マガジンFRESH』より『BAD BOYS SONG』でデビュー。1999年に『週刊少年マガジン』で『RAVE』の連載をスタートさせると人気を博しテレビアニメ化。その後、代表作となる『FAIRY TAIL』(2006年〜2017年)などの作品を世に送り出した。

 2018年6月から『週刊少年マガジン』で『EDENS ZERO』の連載をスタートさせたが、ネーム原作という形で『マガポケ』で『FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST』、『月刊少年マガジン』『DEAD ROCK』を現在も連載中。さらに、オリジナルアニメやオリジナルゲームの制作など、その活動は漫画以外にも多岐にわたっている。

 ファンや業界内で「速筆」として知られており、過去にも同時連載を抱えたことは数回あるが、そんな中で驚くのは、デビューしてから作家人生26年で一度も休載をしたことがないこと。特に『FAIRY TAIL』を連載していた2013年、週刊連載誌では異例の2週連続一挙3話掲載(2週合計128ページ)した伝説を残している。

 そんな中で『EDENS ZERO』が連載6年の歴史に幕を下ろし、真島氏は「長い間、応援ありがとうございました。また会いましょう!これからもマガジンをよろしく」とコメントした。

 なお、ORICON NEWSの取材に真島氏は以前、「急な体調不良を想定して、原稿をストックしているのでしょうか?」という質問に、「原稿のストックはあります。たまには風邪もひきますからね」と回答。「一日の睡眠時間はどのように確保しているのか?」には、「睡眠はしっかりと確保していますよ! 毎日7時間くらいちゃんと寝ています(笑)。ゲームする時間は寝る前の2〜3時間で、忙しい時はプレイしない日もあるのですが、仕事が早く終わった時は一日中プレイする日もあるので、楽しいゲーム生活を送っています。食事に対して気を付けていることはないので、本当に何もしていないんです」と打ち明けていた。

 『EDENS ZERO』は、夢の国・グランベルで機械たちと暮らす少年・シキが、100年ぶりの来国者となる動画配信者の少女・レベッカと青猫のハッピーに出会い、惑星を超えて旅に出るSFファンタジー。テレビアニメが第2期まで放送され、ゲーム化もされている。

 今回の完結を記念して、誌面では真島氏と『はじめの一歩』作者・森川ジョージ氏との対談記事や真島氏×森川氏のサイン入り色紙や本などのプレゼント企画も実施。さらに、コミックス計33巻すべてを収録できる「全巻収納BOX」が、応募者全員にプレゼントされる企画も実施している。なお、コミックス最終33巻は8月16日に発売される。

このニュースに関するつぶやき

  • 「休載なし」と「休みなし」とでは意味が違う。反響が独り歩きして休養を全く取らずに書き続けたとも受け捉えかねない。
    • イイネ!18
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(81件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定