【君とゆきて咲く〜新選組青春録〜 第10話】丘十郎、芹沢の最期にショック 大作は複雑な思いで見つめる

1

2024年06月26日 05:34  モデルプレス

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

(左から)杢代和人、奥智哉、前田拳太郎「君とゆきて咲く〜新選組青春録〜」第10話より(C)テレビ朝日
【モデルプレス=2024/06/26】俳優の前田拳太郎と奥智哉がW主演を務めるテレビ朝日シン・時代劇『君とゆきて咲く〜新選組青春録〜』(毎週水曜深夜24時15分〜)の第10話が、26日に放送される。

【写真】前田拳太郎、妹がハロプロアイドルだった

◆前田拳太郎&奥智哉W主演「君とゆきて咲く〜新選組青春録〜」

同作は、日本漫画史に燦然たる功績を残した手塚治虫氏の隠れた名作『新選組』を初映像化。斬新な殺陣パフォーマンスやこれまでの時代劇にはない流麗な“剣舞”も織り交ぜ、新選組隊士たちの青春を描く。

◆「君とゆきて咲く〜新選組青春録〜」第10話あらすじ

頭取・芹沢鴨(三浦涼介)を粛清した壬生浪士組は局長・近藤勇(高野洸)、副長・土方歳三(阪本奨悟)が束ねることとなり、同時に会津藩主・松平容保(味方良介)から“新選組”という新たな隊名を拝命する。

しかし、芹沢の最期に大きなショックを受けた深草丘十郎(奥智哉)は、剣を握ると手が震えて力が入らなくなってしまう。“自然体”の境地を意識すればするほど、亡き父・七也(戸次重幸)が死の間際、自分を止めるべく言い遺した、「丘十郎…そちらに行ってはいけない…」という言葉が頭によみがえるようになったのだ。苦悩する丘十郎を、鎌切大作(前田拳太郎)は複雑な思いで見つめて…。

そんな中、大作、丘十郎、松永新之丞(杢代和人)、南無之介(羽谷勝太)は、山南敬助(永田崇人)に連れられて寺子屋へ。山南の補佐として子どもたちの手習いの指導を手伝うが、無垢な子どもたちとのふれあいを通し、山南が4人に伝えたかったこととは?

一方、長州側は桂小五郎(荒牧慶彦)のもと、恐ろしい策謀をめぐらせていた。それはあの“歴史的事件”へとつながっていくことに?

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定