日英「永続的な友好願う」=先の大戦にも言及―天皇陛下、英語であいさつ・晩さん会

13

2024年06月26日 07:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

バッキンガム宮殿での晩さん会を前に、英国のチャールズ国王夫妻と記念撮影に臨まれる天皇、皇后両陛下=25日、ロンドン(代表撮影・時事)
 【ロンドン時事】英国訪問中の天皇、皇后両陛下は25日夜(日本時間26日未明)、ロンドンのバッキンガム宮殿で開かれたチャールズ国王夫妻主催の晩さん会に臨まれた。国王に続き、天皇陛下も英語であいさつし、「日英両国には、友好関係が損なわれた悲しむべき時期がありました」と先の大戦に言及。「お互いを理解し合う努力を弛(たゆ)みなく続け、永続的な友好親善と協力関係を築いていくことを心から願っています」と述べた。

 晩さん会には、ウィリアム皇太子やエドワード王子ら王族のほか、民間人も含め計約170人が出席。天皇陛下は、この日贈られたガーター勲章を身に着け、皇后さまはティアラを着用したローブデコルテ姿で会場に入った。

 国王はあいさつの冒頭、両陛下に日本語で「英国にお帰りなさい」と語り掛けた。続いて「日英両国のパートナーシップの核心にあるのは、深い友情です。それは、暗い時代の教訓から生まれた、国際ルールと制度の重要性に対する相互理解に基づくものです」と述べた。

 これに対し、天皇陛下は故エリザベス女王の招待から約5年を経て訪英が実現したことを「誠に喜びに堪えません」と述べた上で、「苦難の時を経た後に、私の祖父や父が天皇としてこの地を訪れた際の思いがいかばかりであったかと感慨深く思います」と昭和天皇や上皇さまの訪英時の心情に触れた。

 現在の日英関係について「裾野が広がる雄大な山を、先人が踏み固めた道を頼りに、さらに高みに登る機会を得ている我々は幸運と言えるでしょう」と表現。今回の訪英が「次代を担う若者や子供たちに着実に引き継がれ、一層進化していく一助となれば」と述べ、「国王王妃両陛下のご健勝と、日英関係のさらなる発展と世界への貢献、両国国民の末永い幸せを祈ります」と結んだ。

 国王があいさつの中で、日本のキャラクター「ハローキティ」やアニメ「ポケットモンスター」に触れる場面もあった。 

英王室から天皇陛下に贈られたガーター勲章=25日、ロンドン
英王室から天皇陛下に贈られたガーター勲章=25日、ロンドン


25日、ロンドン・バッキンガム宮殿での晩さん会で、天皇陛下を前にあいさつする英国のチャールズ国王(AFP時事)
25日、ロンドン・バッキンガム宮殿での晩さん会で、天皇陛下を前にあいさつする英国のチャールズ国王(AFP時事)

このニュースに関するつぶやき

  • 英国とはこれからも仲良くしたいものだね。日本の周りはロクな国が無いからね。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定