ミスの連鎖で痛恨敗戦のオリックスに笘篠氏苦言「強い相手と戦う時は大きな命取りになる」

15

2024年06月26日 07:26  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

オリックス・曽谷 (C)Kyodo News
◆ 悪送球・後逸で犠打から2失点…高木氏「ここから上がってくるからミスはなくしてほしい」

 交流戦明けのカードを勝ち越し、首位ソフトバンクを迎えたオリックスは25日、初戦を2−7で落とした。3回に先制されたオリックスは6回、先頭打者・周東佑京に安打で出塁を許す。続く今宮健太の犠打を、先発投手・曽谷龍平が一塁へ悪送球。さらに右翼・森友哉が後逸し、その間に一塁走者周東と打者今宮が生還。ミスの連鎖で2点を失った。7回には打線が2点を奪うも、8回には3番手・本田仁海が4失点し、手痛い敗戦となった。

 まさかの失策から痛恨の失点となったオリックスに対して、25日放送のフジテレビONE『プロ野球ニュース2024』でも厳しい声が上がった。

 高木豊氏が「笘篠さん、ちょっと怒ってやってくださいよ」と促すと、笘篠賢治氏は「ミスは付きものだが、強い相手と戦う時にはミスが大きな命取りになる。やるべきことをきちんとやるのが基本」と苦言を呈した。しかし右翼・森の守備については「森は送球に対して直線上に行こうとしているので、間違いではない。まさかあんなに外れるとは。球も速かった」と予想外の送球によるものだったと分析した。

 高木氏は最後に「オリックスは選手も揃ってきているし、ここから上がってくるので、こういうミスだけはなくしてほしい」と注文をつけた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

このニュースに関するつぶやき

  • ちなみにバントホームランの前例として1982年9月15日の巨人対中日で篠塚利夫がバント3ランをやってたりする。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定