【帝王賞】快挙がかかるメイショウハリオ 同一JpnIで3連覇なら史上6頭目

0

2024年06月26日 08:00  netkeiba

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba

3連覇がかかるメイショウハリオ(撮影:高橋正和)
 大井競馬場で6月26日(水)に行われる帝王賞(4歳上・JpnI・ダ2000m)。上半期のダート王者を決する一戦で、メイショウハリオ(牡7、栗東・岡田稲男厩舎)が3連覇を狙う。

 同馬は父パイロ、母メイショウオウヒ、母の父マンハッタンカフェの血統。半弟に今年の天皇賞(春)を制したテーオーロイヤルがいる。

 20年4月のデビューからダート中距離を中心に使われ、21年5月の薫風Sを制してOP入り。昇級3戦目のみやこSでは4角9番手から鋭く差し切り、待望の初タイトルを獲得した。22年はマーチSで重賞2勝目を飾ると、続く平安S3着から帝王賞へ挑み、5番人気で単勝19.2倍の伏兵評価を覆してJpnIタイトルを獲得。暮れの東京大賞典でも3着に入った。

 昨年はさらなる充実を見せた一年に。フェブラリーSはスタートで躓いて大きく離れた最後方からとなったが、それでも3着まで追い込む。続くかしわ記念では、小回りコースを克服して2つ目のJpnIタイトルをゲット。帝王賞では2分1秒9の近10年最速のタイムで優勝し、同レース史上初の連覇を達成した。今年はサウジCを出走取消して以来の実戦となる。通算成績は24戦9勝(うち重賞5勝)。

 日本のJpnI/GIレース(84年のグレード制導入以降)において、同一重賞3連覇を飾ったのは、南部杯のブルーコンコルド、JBCクラシックのアドマイヤドンとヴァーミリアン、川崎記念のホッコータルマエ、東京大賞典のオメガパフュームという5例。今回メイショウハリオが勝てば、史上6頭目の快挙となる。

 大井2000mでは掲示板を外しておらず、2勝、3着1回ともっとも相性の良いコース。得意舞台でひさびさの快走見せるか。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定