『SASUKE』初の世界大会 5ヶ国35人の精鋭が集結&5人1チームの団体戦に【挑戦者一覧あり】

60

2024年07月10日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『SASUKEワールドカップ2024』放送決定(C)TBS
 TBS系『SASUKE』が、28年目にして番組史上初となる試みとして、世界各地から最強の挑戦者を集めた世界大会『SASUKEワールドカップ2024』を放送する(8月21日 後6:30)。世界5ヶ国から35人の精鋭が『SASUKE』の聖地である緑山に大集結。完全制覇を超えた、世界一を決める戦いが幕を開ける。

【画像あり】28年目で初の世界大会!『SASUKEワールドカップ2024』ロゴ

 いまや世界165の国と地域で放送され、現地版は25ヶ国以上で制作されている世界的な人気番組『SASUKE』。今回は日本、アメリカ、ドイツ、フランス、オーストラリアの5か国から、代表で選出された計35人が参戦。全4つのステージで戦い、ステージごとに下位チームが脱落していくノックアウト方式で優勝国を決める。普段の『SASUKE』は個人戦だが、今回は男性4人、女性1人の5人1チームで挑む初の団体戦。チームワークがカギとなる世界最高レベルの戦いは必見だ。

 『SASUKE』発祥国として負けられない日本からは3チームが参戦する。まずはJAPAN Red。“サスケくん”こと森本裕介がリーダーを務め、山本良幸、多田竜也、山本桂太朗、大嶋あやのが参戦。これまで好成績を残してきたメンバーで、まさに最強チームが結成された。リーダー・森本はチームを優勝へと導けるのか。

 そして、2度の完全制覇者・漆原裕治が率いるJAPAN Blueには、最強の電気屋さん・日置将士、ファイナリスト・川口朋広、『SASUKE』愛No.1アイドル・岩本照(Snow Man)、体操出身のパフォーマー・渡邊麻衣と実力者が集う。さらに、『SASUKE』の歴史を彩ってきた長野誠、山田勝己、ケイン・コスギ、山本進悟、水野裕子がJAPAN Legendとして参戦する。

 海外からは強豪たちが続々と来日。日本の最大のライバルとなるのはアメリカ版『SASUKE』完全制覇者のダニエル・ギル、『SASUKE』女性唯一の3rdステージ進出者ジェシー・グラフを擁するアメリカ。そして第37回大会(2019年)ファイナリストにして、ドイツ版『SASUKE』完全制覇者のレネ・キャスリー率いるドイツも王者の座を狙う。ほかにもオーストラリアからは北京五輪で体操の代表にも選出されたオリヴィア・ヴィヴィアン、フランスからはパルクールの元世界王者ら実力者が緑山に集結した。

■挑戦者
<JAPAN Red>
森本裕介、山本良幸、多田竜也、山本桂太朗、大嶋あやの

<JAPAN Blue>
漆原裕治、日置将士、岩本照(Snow Man)、渡邊麻衣、川口朋広

<JAPAN Legend>
長野誠、水野裕子、ケイン・コスギ、山本進悟、山田勝己

<USA>
ダニエル・ギル、ジェシー・グラフ、ショーン・ブライアン、アールジェー・ローマン、ジョー・モラフスキー

<GERMANY>
レネ・キャスリー、フィリップ・ゲーテルト、ヴィクトリア・クレーマー、マーヴィン・ミッターフーバー、ベンジャミン・グラムズ

<FRANCE>
クレマン・グラビエ、モラーヌ・ジェリック、イリアン・シェリフ、ヴァランタン・ドゥカルナン、シャルル・プジャード

<AUSTRALIA>
オリヴィア・ヴィヴィアン、ザック・ストルツ、アシュリン・ハーバート、サクソン・ジョンストーン、ダニエル・メイソン

このニュースに関するつぶやき

  • 流石に目先を変えないとね。そして、観てしまいそうw
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(29件)

ランキングエンタメ

ニュース設定