ホーム > mixiニュース > コラム > 広島に送られる千羽鶴は1億円かけて焼却されていた! 資源と人々の善意を無駄にしない「おりづる再生プロジェクト」とは?

広島に送られる千羽鶴は1億円かけて焼却されていた! 資源と人々の善意を無駄にしない「おりづる再生プロジェクト」とは?

9

2016年05月01日 10:02  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

平和への願いを込め、ひとつひとつ作られた “折り鶴” 。

広島のNPO「おりづる広島」のサイトによると、広島平和記念公園には日々、世界中から折り鶴が送られてくるのだそうで、その数はなんと年間約10トン! これまで広島市は年4回、1億円をかけてこれらを焼却してきたそうです。し、知らなかった。

【誰も悪くない、けど……】

平和を願う象徴の折り鶴が、皮肉なことに、結果的に環境問題としてのゴミを生み出しているという現実。そして多くの税金が処理のために費やされていること。人々の気持ちが、行き場の無いまま燃やされてしまうこと。

「おりづる再生プロジェクト」は、こういった現状を少しでもよくしていくためのプロジェクトです。

【折り鶴を再生紙に → 名刺へ】

「おりづる再生プロジェクト」のサイトによると、このプロジェクトのおおまかな流れは下の通りです。

1. 日本や世界各地から届いた折り鶴を「NPOおりづる広島」が回収し、授産施設へに委託
2. そこで選別されたものが、製紙会社で『おりづる再生紙』としてリサイクル
3. それを「株式会社文華堂」が名刺用紙として再利用し、この名刺を販売した利益の一部が「広島市原爆ドーム保存事業基金」へ寄付

【問題を解消し、社会貢献にも】

このプロジェクトによって、焼却に関係する問題が解決するほか、売上金が広島市原爆ドーム保存事業基金に寄付され、平和活動にも貢献できます。

また、折り鶴の選別を請け負うのは、身体障がい者や精神障がい者、家庭の事情で就業や技能取得が困難な人に対し、就労の場や技能取得を手助けする施設とのこと。施設にとっては、このプロジェクトに参加することで、自立支援や社会参加にもつながっています。

【名刺は公式サイトからオーダーできます】

このプロジェクト、そして広島市が抱えていた意外な問題を、今初めて知ったという方はおそらく少なくないことでしょう。「善意が人を苦しめる」事態が起こることは珍しくはないのですが……いろいろと考えさせられますよね。

「おりづる再生名刺」は、公式サイトから注文できます。気になった方はさっそく、チェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:NPOおりづる広島、おりづる再生プロジェクト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む

このニュースに関するつぶやき

  • 折り鶴の由来を調べると、元々は自分が長生きしたいという願望で折ってたそうな。広島に送るのは違う意味合いがあるようだけど、ブームが原意をねじ曲げたものの一つ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 折り紙で鶴を作る事自体は伝統的文化で喜ばしいんだが、なんか利権の臭いもするんだよな������
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定