ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 異形のカカシに騒然、正体は

「クトゥルフみを感じる」異形のカカシの遭遇報告にTwitter民騒然 その正体は?

111

2018年09月25日 21:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真いろいろな意味でやべえカカシ
いろいろな意味でやべえカカシ

 「クトゥルフみを感じるカカシに出会った」という報告が、Twitterをざわつかせています。確かに、顔から無数の触手と目玉が映えたその姿は、鳥を追い払うどころか人のSAN値をガリガリ削りそう。いったいこれはなんなんだ……。



【その他の画像】やばいカカシの製作過程



 「もはやホラー」「泥棒避け?」「鳥避けというより、むしろカラスが似合いそう」などと話題を呼んだこのカカシ、実は造形作家のハリギリさんが作ったもの。以前好評を博した、ポケモン「グソクムシャ」フィギュアのできばえを見ると、カカシのクオリティにも納得です。



 ハリギリさんは2016年にも、農家を営む実家に頼まれて、ホラーなカカシを製作していました。今回も同様に頼まれて、2タイプを作成しています。



 針金と新聞紙をベースに、養生テープを巻き付けて芯を作るといった製作工程も公開。顔が布でくるまれているタイプは、枕カバーをかぶせて表現しています。



 触手が生えたタイプは、以前のガレージキット製作時に抜き損じたパーツを転用して作ったとのこと。触手とドールアイを粘土に貼り付け、塗装したら顔面ができあがり。芯に取り付けてパーカーを着せたら、世にもおぞましいカカシの完成です。人にまで脅威となりそうでいろいろと心配になるカカシですが、前回から引き続き製作を頼まれたということは、きっと役立っているのでしょう。



画像提供:ハリギリさん


このニュースに関するつぶやき

  • 昔、マネキンの頭でリフティングする子供を見たことあるが、あれに比べたらまだまだ…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 元々カカシは「案山子」でなく「家禍死」と書かれ、罪もなく殺された一家の怨念が宿ったものである...って話は全く聞いた事はない(´・ω・`) https://mixi.at/aeVo8Ih
    • イイネ!53
    • コメント 16件

つぶやき一覧へ(72件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定