ホーム > mixiニュース > トレンド > 『るろうに剣心』『銀魂』の衣装デザイナー、澤田石和寛が写真展開催

『るろうに剣心』『銀魂』の衣装デザイナー、澤田石和寛が写真展開催

0

2018年06月19日 07:33  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真シャレオツ決定的 (C)sawa kan "RAPTURE"
シャレオツ決定的 (C)sawa kan "RAPTURE"

 『るろうに剣心』シリーズや『銀魂』など邦画界の第一線で活躍するスタイリストで衣装デザイナーの澤田石和寛が、21日から都内で写真展「RAPTURE / ラプチャー」を開催する。


 6月末に公開される綾野剛主演の新作映画『パンク侍、斬られて候』でもインパクト大の衣装を制作して唯一無二の存在感を放っている澤田石。園子温監督や大友啓史監督といった監督たちが信頼を寄せる澤田石が今回の写真展では写真家の「澤 寛」として、ある一人の女性を追いかけた作品を制作した。


 普段は衣装を手がけている澤田石だが、今作で撮影したのは「裸体」。公式サイトでは「裸体を通して、その者の人物像、人生、ひいては国について、そして全ての未来についてを問いかける」としている。


 写真展は入場無料で6月21日から7月2日まで渋谷区恵比寿にある「AL」で開催。6月30日18時からは写真家の鷹野隆大と澤田石によるギャラリートークが行われる(ギャラリートークは参加費1,000円)。(編集部・海江田宗)


【関連情報】
「RAPTURE / ラプチャー」公式サイト
【写真】澤田石和寛が手がけたド派手衣装『パンク侍、斬られて候』より
「必死すぎるネコ」写真家・沖昌之、新しい街でネコに出会うのは「宝箱があったような感覚」

    あなたにおすすめ

    ニュース設定