ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > チョコで中毒 愛犬家は注意を

イヌにもチョコ「ちょっと待って!」 愛犬家に魔の季節

201

2019年02月08日 11:16  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真イヌやネコに与えてはいけない主な食べ物
イヌやネコに与えてはいけない主な食べ物

 もうすぐバレンタインデー。愛犬家にとっては注意が必要な時期だ。ペット保険会社のまとめでは、2月はイヌが誤ってチョコレートを食べて中毒を起こし、動物病院で治療を受ける件数が年間で最も多い。多くは飼い主の不注意が原因とみられ、環境省や専門家らは注意を呼びかけている。


 イヌがチョコレートを食べると、下痢や嘔吐(おうと)、けいれんを起こすことがある。専門家によると、原因はカカオの苦み成分「テオブロミン」で、犬はこの物質を分解する酵素が弱く、長く体内にとどまることから中毒症状が出やすい。ひどい場合には昏睡(こんすい)状態や死に至ることもあるという。


続きはこちら

このニュースに関するつぶやき

  • ワンコに限らず猫ちゃんも、チョコはダメexclamation ��2動物に安易に人間の食べ物をあげてはいけません
    • イイネ!10
    • コメント 2件
  • ワンコにチョコを食べさすなんて愛犬家って呼ぶんじゃないよ!
    • イイネ!118
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(123件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定