ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > アストンマーチン・レーシング、2015年シーズンはUSCC“復帰”へ

アストンマーチン・レーシング、2015年シーズンはUSCC“復帰”へ

0

2014年11月10日 14:50  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真14年USCC開幕戦デイトナ24時間 アストンマーチン・レーシングの97号車アストンマーチン・バンテージV8
14年USCC開幕戦デイトナ24時間 アストンマーチン・レーシングの97号車アストンマーチン・バンテージV8
 アストンマーチン・レーシング(AMR)のボス、ジョン・ガウは、チームが2015年シーズンのユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ(USCC)に“復帰”する方向で動いていると明かした。

 AMRは今季、USCCの中でも『ノースアメリカ・エンデュランス・カップ(NAEC)』のタイトルがかかったデイトナ24時間、セブリング12時間、ラグナセカ戦、そしてプチ・ル・マンの4戦への参戦を計画。アストンマーチン・バンテージV8を開幕戦デイトナ24時間に投入し、クラス8位完走を果たした。ただ、デイトナ後に発表された性能調整がアンフェアだとして、その後のレースへの参戦を取りやめていた。

 そんなAMRだが、ガウによると、来季はポール・ダラ-ラナがアストンマーチン・バンテージV8を駆る形で再びNAECに参戦する方向で動いているという。

「ポールがそう望んでいるんだ。来年のNAECに1台を参戦させるということができるだろう」

 カナダ人ドライバーで、今季のWEC世界耐久選手権ではLM-GTEアマクラスを戦っているダラ-ラナは、11年と12年にグランダム・シリーズのGTクラスで優勝した経験を持っており、北米での活躍の場を求めているのだと語る。

「北米での存在感を維持したいんだ。それに、NAECは素晴らしいレースで構成されているからね」

 なお、来季のデイトナにおける空力パッケージはル・マン24時間でのものが採用される見込みとなっているが、ガウはこうした動きを「パーフェクト」と評価した。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定